訪日中国人観光客は日本のさまざまな物をお土産に買って帰るが、このほど中国人男性がとんでもないものをお土産に持ち帰り話題となった。資料写真。

写真拡大

訪日中国人観光客は日本のさまざまな物をお土産に買って帰るが、このほど中国人男性がとんでもないものをお土産に持ち帰り話題となった。16日付で山東省の主要紙・半島都市報が伝えた。

報道によると、先日大阪発山東省・青島着の便に乗っていた男性の荷物の中から、4袋のセミの幼虫が見つかった。大量のセミの幼虫について男性は、日本で捕獲したもので家族や友人と食べる予定だったと説明。幼虫は土がついた状態で、検疫の手続きや関連の証明資料もないことから、検疫局はセミの幼虫を全て没収した。このニュースにネットでは、「笑いが止まらない」「日本のセミはおいしいのか?」といった声が寄せられている。(翻訳・編集/内山)