山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』2018年公開 「賢い生かされ方はしたくない」

写真拡大

 山田孝之プロデュース映画『デイアンドナイト』の製作が発表された。

参考:役者志望者のための新サービス「mirroRliar」リリース 協力者・山田孝之「もっと仲間が欲しい!」

 本作は、俳優・山田孝之が、一切出演せず“裏方”に徹底する自身初のプロデューサー専念作品。“人間の善悪とは”をテーマに、実直で正義感が強かった父親の自殺をきっかけに実家に帰ることになった主人公・明石幸次が、父親の死の真相を探るうちに裏の顔があったことを知り、昼と夜、表と裏、善と悪、人間の持つ二面性に振り回されるうちに、やがて自分も裏稼業に染まっていく模様を描く。

 主演を務めるのは、山田と同じスターダストプロモーション所属で、旧知の仲でもある阿部進之介。阿部にとっては長編映画初主演作となり、自ら企画・原案も務めている。

 山田と阿部は、本作の脚本開発会議を積極的に主催し、自らセリフを読み上げ演技を交えながら、言い回しなどの細かい部分まで確認しながら制作を進めている。

 脚本開発会議を自ら定期的に主催する山田は、ロケ地の交渉やロケハン、オーディション審査、スポンサーとの交渉なども行うなど、CM、ドラマ、映画の撮影の合間を縫って、脚本やキャスティングなどにも自ら意見しながら撮影に向けて準備を行なっているという。

 監督を務めるのは、ドラマ『100万円の女たち』(テレビ東京)や映画『光と血』で知られる藤井道人。脚本は、『光と血』などでも藤井監督とタッグを組んだ小寺和久が担当する。

 なお、主演以外のキャストは、様々な役柄をオーディションで募集。オーディションには山田と阿部も相手役として参加し、審査にも加わる予定だ。オーディションの応募受付は、山田と阿部が賛同者として参画しているサービス「mirroRliar」を通じて行われるほか、ロケ地である秋田でのオーディションも開催される。

 撮影は、11月より秋田県鹿角市と三種町で約1ヶ月間、公開は2018年を予定している。

【山田孝之(プロデューサー)コメント】優しさと厳しさ、理想と現実を見せたとき、そこに善と悪を決めつけることで自分を保つ人は多いのではないかと思う。善と悪など答えはないけれど、自分の中で決めなくては生きていられない。しかし、それでも問いたい。生かされることを人生と思って欲しくないから。そんな映画を作りたくてデイアンドナイトは始まりました。荒削りかもしれない、下手くそかもしれない、でも挑戦しないなんて賢い生かされ方はしたくない。

・秋田県、鹿角市、三種町へ向けてのコメント今回、映画『デイアンドナイト』の撮影で秋田県鹿角市、三種町でロケをさせて頂くことになりました。今年2月挨拶も兼ねてロケハンに行った際、自然が多く素敵な環境に撮影がとても楽しみになりました。撮影は早朝から深夜に及ぶこともありますが、皆様にご迷惑とならないよう、チーム一丸となり心に響く作品を完成させたいと思います。

【阿部進之介(主演)コメント】私と藤井監督との出逢いで生まれたこの企画が、多くの仲間の助けを得て1つの映画に成ろうとしている事を、大変嬉しく思っています。今はただ、私が演じる「明石幸次」という人間を愛する事に注力したいです。そして、その先に何が待っているのかを確かめたいと思います。

【藤井道人(監督)コメント】阿部さんと『デイアンドナイト』の企画をスタートさせたのは4年前の話のことです。「人の善意や悪意はどこからやっていくるのか」というテーマに向き合って、脚本の改稿は数十回に及びました。山田さんをはじめ、たくさんの方の支えがあって本作がクランクイン出来ることに感謝しています。既成の概念や枠を飛び越えた作品になるように、スタッフキャスト共に団結して完成させたいと思います。

【児玉一(秋田県鹿角市長)コメント】日本を代表する俳優の一人である山田孝之さんのプロデュース作品とのことで、ロケ地として非常に期待している。ロケ地に決まったことを機会に、我が鹿角市の知名度向上や地域活性化につながる企画も提案しながら、映画の成功に向けて市としても全力で協力していく。

【三浦正隆(秋田県三種町長)コメント】映画『デイアンドナイト』のロケ地に選ばれ、大変光栄に思います。「風車のある当町のロケーション」が山田孝之プロデューサーに気に入っていただき感謝申し上げます。この映画が町の知名度アツプと地域産業への経済効果、観光振興に寄与すること、更には町の新たな魅力を引き出していただくよう期待して居ります

(リアルサウンド編集部)