現地人と見間違えるほどのオダギリジョー、方言交じりのスペイン語披露 『エルネスト』本予告映像

写真拡大

 オダギリジョー主演映画『エルネスト』より、ポスターと本予告映像が公開された。

参考:動画はこちらから

 本作は、革命家であるチェ・ゲバラの信念に共感し、祖国ボリビアでの抵抗運動に身を投じた“日系二世の若い戦士”の生涯を、史実を基に描いたヒューマンドラマ。『傷だらけの天使』『団地』の阪本順治が監督を務め、オダギリジョーが日系二世・フレディ前村を演じる。オダギリは、クランクイン前にひとり現地キューバに入り、日光で日焼けし、さらに体重を12キロ落とし、髪やひげ、爪を伸ばして役に挑んだ。

 公開されたポスターは、舞台であるキューバの国旗をバックに、”世界は、変えられる。”というコピーと強い眼差しをした2人の男が映し出されている。

 一方の予告編では、高い志を持ったフレディ前村が、戦いに巻き込まれる子供たちを助けるべく立ち上がる姿が描かれている。また、約半年間で習得したボリビア・ベニ州の方言交じりのスペイン語で熱い演技をするオダギリの姿も確認できる。(リアルサウンド編集部)