舞台「24番地の桜の園」に出演する松井玲奈

写真拡大

11月9日(木)の東京公演から始まる舞台「24番地の桜の園」。ロシアの劇作家・チェーホフの最高傑作「桜の園」に、串田和美が木内宏昌と共に新しい視点を盛り込み、演出を手掛ける。“桜の園”と呼ばれる領地に出入りする商人・ロパーヒンを高橋克典、“桜の園”の女領主・ラネーフスカヤを小林聡美が演じる。

【写真を見る】松井が演じるのは“桜の園”の女領主・ラネーフスカヤ(小林聡美)の娘・アーニャ

また、ラネーフスカヤの娘・アーニャを演じるのは松井玲奈。6月〜8月に上演された「ベター・ハーフ」に続けての舞台出演となる松井に話を聞いた。

■ 「挑戦したいと思っているときに、挑戦したいと思っていた作品と出合えた」

――本作への出演オファーはいつごろあったんですか?

ことしの年明けくらいだったと思います。いろいろな舞台や映像作品に参加させていただく中で、いつか古典の作品に挑戦してみたいと思っていたときにこのお話をいただいたので、すごくうれしかったです。自分が挑戦したいと思っているときに、挑戦したいと思っていた作品と出合えたので、今からすごく楽しみです。

――原作を読んでいかがでしたか?

今まで戯曲を読むことはありましたけど、「自分がこれに出るんだ」と思って作品を読むことは初めてで。ストーリーや人間関係を理解しながら、「この中で自分はどういう意味・役割で登場するのだろう」と考えながら読むのは刺激的でした。

――アーニャを演じる上で、原作のアーニャに抱いた印象や「こんなふうにやってみよう」と考えていることはありますか?

一番若い登場人物で、過去にとらわれるよりも未来を見てどう進んでいくかをはっきりと考えている女の子なのかなという印象です。稽古が始まってみないと分からないことも多いんですけど、若さからくる可能性や、将来や未来を見据える力のあるキャラクターだと感じたので、前向きなところをしっかり出せたらいいのかなと思っています。

――ビジュアル撮影の際に、串田さんと風間杜夫さんがご一緒だったと伺ったのですが、何かお話をされましたか?

風間さんが落語をやっていらっしゃるのですが、落語に興味があるので、「どうやって覚えているんですか?」って聞いたりしていました。串田さんもその場にいらっしゃって、今回の舞台は生演奏の音楽と作っていくのですが、楽曲を何曲か3人で聞きながら、舞台で使われる音楽のお話をしていました。

――串田さんが以前のコメントで「『桜の園』にはノスタルジーがある」とおっしゃっていたのですが、“ノスタルジー”という言葉から連想するものや、日常の中で“ノスタルジー”を感じることはありますか?

どうなんでしょう、あまりないかもしれないです(笑)。人は自分の中にちょっと思い出したりとか、手放してしまうと切なくなってしまうような何かを必ず持っていると思うのですが、それは人生を重ねていくから増えていくものというか、得ていくものなのかなって思うと、まだ私の中にはそういう明確なものはないかなって思いますね。

――アーニャのように過去よりも未来という志向なんですね。

そうですね。先に先にというか、そういう感じなのかなと思います。

■ 「日々変わっていく空気感が楽しいなと思ってステージに立っています」

――まだ、稽古前ではありますが、この作品を通じて成長したいことや、目標などはありますか?

アーニャは小林聡美さんが演じるラネーフスカヤの娘で、その2人の親子関係が大切になってくるシーンもあります。そのシーンをどういう風に作れるかとか、このせりふをどういう感覚で話すんだろうと考えているので、それが見ている人にしっかりと伝わればいいなと思います。

――小林聡美さんとは初共演ですが、どのような印象をお持ちですか?

小林さんは私の中で「かもめ食堂」(2006年)のイメージが強くて。とても好きな映画で、すごくすてきな役どころだったという印象ですね。

――「ベター・ハーフ」から続けての舞台出演となりますが、舞台のいいところってどんなところでしょうか?

“同じ公演”がないのが楽しいです。同じ物語の同じせりふでも、例えばちょっと“うれしい”という気持ちを強くするだけで、そのあとの感情もちょっとずつ変わっていくかもしれなかったり、感情の流れが似ていても全く同じではないので、「新しいことが毎回起きるのかもしれない」って思いながらやっていると、毎公演すごく楽しいです。見に来てくださっているお客さんの反応によっても、その日の作品の空気が変わるので、日々変わっていく空気感が楽しいなと思ってステージに立っています。

――舞台に出演される方はアンケートを大事にされていると聞くのですが、実際にアンケートで印象に残っている感想などはありますか?

実は私、今までアンケートを見せてもらったことがなくって。見たいとは思っているんですけど…。(スタッフからアンケートを見せてもらえると聞いて) ありがとうございます、うれしいです!

――今の時代は感想がSNSに書かれたりしますが、見たりしますか?

はい、しますね。

――いい意見もあれば、そうではない意見もあると思うのですが、見てしまって落ち込んだりすることはあったりするのでしょうか?

全部うのみにはしないですけど、ヒントをもらう感覚で見ています。落ち込んだりはしないですね。受け取るのはお客さんなので、「ああ、そういうふうに見えるんだ」っていうところから、「どうしたら自分が思っているように真っすぐ、しっかりと伝わるんだろう」と考えるきっかけにもなるので。

――では、最後に「24番地の桜の園」を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

今の時代に改めて作られる「桜の園」を、純粋に楽しみに見に来ていただければと思います。戯曲自体もすごくすてきな作品なので、音楽や美術が加わることによって、見たことのない作品になるんじゃないかと私自身も期待しているので、楽しみにしていただければと思います。