In this photograph taken on July 31, 2017, an Afghan youth walks on a path at sunset on the outskirts of Herat.//HOSHANG HASHIMI


 私は企業の経営を心理的側面から分析して経営改善を行う経営心理士として、経営コンサルティングを行っている。その中でも人間のモチベーションに関するコンサルティングを行うことが多い。

 モチベーションの源泉となるのは欲求であるため、モチベーションを上げるためには人間が根源的に抱いている欲求にアプローチすることが効果的である。

 人間はいくつかの根源的な欲求を抱いているが、そのうちの1つに「世のため人のために役に立ちたい」という欲求がある。私はこれを貢献欲求と呼んでいる。

 人はこの貢献欲求を満たすことで、自分の存在意義を感じるという性質を持っている。貢献欲求は仕事を通じて満たすことができるが、仕事一筋の人生を送ってきた人は定年退職後、貢献欲求が満たされずに苦しむケースが多い。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

定年後の長い人生

 これといった用事もない日々を過ごしていると、何らかの形で世間から必要とされたい、自分の力を発揮できる場がほしい、という思いを抱くようになる。これは切実な思いである。

 この貢献欲求を満たしたいという精神的な理由から、定年退職後もセカンドキャリアとしての仕事を得られるように50代から準備を始める人も少なくない。ただ、セカンドキャリアを得るのは精神的な理由のみならず、経済的な理由からも必要になる可能性は高い。

 今、日本人の平均寿命は男性が80歳、女性が88歳。

 例えば、定年延長せずに60歳で定年退職し、85歳まで生きたとすると、退職後に25年間生きるだけの資金が必要になる。

 仮に、生活費が夫婦2人で毎月35万円かかるとすると、年間で420万円かかり、それが25年間続くと、1億円以上が生活費のための資金として必要になる。

 これにさらに医療・介護関連の費用も支出として生じる。こう考えると、定年退職時の貯蓄と年金の額にもよるが、働かずに悠々自適の老後を送るということは決して簡単なことではない。

 そのため、定年退職後もセカンドキャリアを得て、ある程度の収入を得る必要性が生じることも十分にあり得る。

 社会人材学舎グループの小澤松彦氏は、40代・50代のサラリーマンを中心に定年退職後のセカンドキャリアの重要性を説き、求職者と面談し、キャリア教育と就職支援を行うと共に、就職後のフォローを行っている。

 小澤氏はセカンドキャリアとしての仕事を得て活躍できる人と、いつまで経っても仕事が得られない人との間には明確な違いがあるという。それは、「過去の成功体験を捨ててリスタートする覚悟」を持てるかどうかである。

 特に大手企業のサラリーマンはこの覚悟を持つことが難しいことから、小澤氏は意識改革に力を入れている。

中小企業なら何とかなるという誤解

 「自分の力を生かせるところない? 週3日勤務とかで。中小ならどこかあるでしょ」

 キャリア支援にあたって大手企業のサラリーマンからこういった声をよく聞くという。

 「大手企業にいた自分なら中小企業は好待遇で迎えてくれ、活躍できる場がある。こういった勘違いをしている人が結構多いんです」。小澤氏はこう話す。

 中小企業では大手ほど人手が足りていないので、営業、総務、経理、人事、広報、事務など1人で何役もこなすことが多い。そのため、大組織の中の一部分の仕事しかやってこなかった人、作業はすべて部下に任せて自分は手を動かしてこなかった人は、中小企業では戦力にならない。

 そして、中小企業では大手のようなブランドが一切使えない中で、ゼロから信用を得て、契約を取って来るようなたくましさ、打たれ強さが求められる。

 大手のブランドの庇護のもとに働いていた人が無名の企業の名刺を渡した時の相手の反応の変化に屈辱感を味わい、自分の本当の信用がどの程度のものだったのかを思い知らされる。

 それでもへこたれることなく、そこから信用を積み上げていくことが求められる。また、「元〇〇株式会社の部長」のような、元いた会社の肩書きは本人が考えているほど武器にはならない。

 表面的には「へぇ、それはすごいですね!」と好印象のようなリアクションを取ってもらえるかもしれないが、中小企業では肩書きより実力が問われるため、実力がないと判断されれば肩書きに関係なく相手にされなくなる。

 また、そういった肩書きは中小企業の従業員からはむしろ煙たがられ、「上からものを言ってくるのではないか」という警戒心を抱かれるため、現場に溶け込む上での妨げにもなり得る。

 何より、そういった肩書きを持っているというプライドが邪魔をして転職先の選り好みをし、選択肢を狭め、転職できたとしても無名の企業で働くことに対して様々なストレスを覚えるようになる。

 一方で、大手から中小企業へ転職をし、採用した企業からも喜ばれている事例もある。

 ある方は中小企業へと転職した際に、役職をつけてもらうのはフルタイムで工場に入って新入社員と一緒になって働いて、現場のことが分かってからでいいですと申し出て、平社員と同じ仕事から始めているという。

元大手という意識を捨て謙虚に

 このように、セカンドキャリアを得て現場で活躍するためには、「元大手」という意識を捨てて謙虚になり、ゼロから何でもやりますという覚悟を持つことが重要であり、実際にこういった人は比較的にスムーズにセカンドキャリアとしての働き口を見つけているという。

 また、短時間で自分の価値を表現することはセカンドキャリアを得るうえで当然求められることであるが、これができない大手のサラリーマンが多いという。

 「〇〇会社の〇〇部で部長をやっていました」

 こういった説明では具体的に何ができるのかが分からないし、採用した後、どういった仕事をやってもらうかのイメージもわかない。

 部長をやっていたことが価値なのではなく、どういった結果を残してきたか、それを可能にした汎用性のある「力・スキル」が価値なのであって、その点を表現できる必要がある。

 業績を上げる具体手法、製品やサービスに進歩をもたらす技術、組織を活性化する手法、人材を育成するスキルなどを簡潔に語れることが求められる。

 どのような企業に就職したとしても具体的な形で成果をもたらすことができる力と実績を、初対面の人に対して短時間で伝えることができるように、日頃の仕事の取り組み方を見直すとともに、その内容を言葉にまとめておく必要がある。

 また、キャリア支援にあたって「どんな仕事をしたいですか?」という質問に対しての回答で多いのが、「世のため人のためになる仕事」だという。

 まさに貢献欲求を満たしたいという思いから来る回答ではあるが、この点について小澤氏はこう話す。

 「対価をもらって仕事をしている以上、すべての仕事は何らかの形で世のため人のためになっているんです。そういう方は今やっている仕事も何らかの形で世のため人のためになっているということを忘れている」

 「そもそも自分の『やりがい』というものを考えていないからです。目の前の仕事をこなして評価される『やりがい』と、個人としての『働くやりがい』は必ずしも同じではありません」

 「大事なのは自分がどういった仕事にやりがいを感じるのかを明確にすることです。それを自覚することなく別の仕事についても、また『世のため人のためになる仕事をしたい』と愚痴をこぼすことになります」

50代の低モチベーションに悩む経営者

 50代の社員のモチベーションが低いと悩む経営者は多い。

 その背景には、あと数年で定年退職、今後の昇進も昇給もないだろうし、だったらリスクを冒すことなく無難に定年退職を迎えよう、そして退職後は悠々自適の老後を送ろう、そういった心情がうかがえる。

 ただ、悠々自適の老後を送るというのは上記の通り簡単なことではない。

 一昔前は定年退職してから亡くなるまでの期間が短かった。しかし、年々平均寿命が伸びていったことにより、今の時代は定年退職してから数十年という期間を生きることになる。

 その期間を精神的にも経済的にも充実した期間とするためには、定年退職前の時期から十分な準備が必要となる。その準備期間として50代という期間は極めて重要な期間である。

 早い人は40代後半から戦略的に動き始めている。そういった期間をモチベーション低く過ごすことは、あまりにもったいないことではないかと思う。

筆者:藤田 耕司