「Tモール|Tポイントがサクサク貯まる!ショッピングモール」より

写真拡大

 総務省が発表した2017年6月分の「家計消費状況調査(2人以上の世帯)」によると、インターネットショッピング利用1世帯当たりの支出額は2万9419 円だった。

 ネットショッピングの利用世帯の割合は34.2%と前年同月差で6.0ポイント上昇し、この伸び率を維持すればすぐに4割に達する勢いだ。ネット購入品目のうち金額が多いのは、やはり食料品や衣料品だが、特に伸びているのは旅行関係とチケットだという。特に、旅行関係はネット上の決済金額でもほかの支出をしのぐ。

 プライベートの旅行にしろ、ビジネスの出張にしろ、ネットでパックツアーやホテルを検索・予約することは、もはや当たり前になった。代金の決済を、そのままクレジットカードで済ませることも多いだろう。その際、一工夫するだけで、うれしいおまけが手に入ることがある。

●Amazonや楽天のポイントが倍増する仕組み

 ネットショッピングでは、サイトによってさまざまなポイントが付与される。「Amazon」ではAmazonポイントが、「Yahoo!ショッピング」ではTポイントが、「楽天市場」では楽天スーパーポイントが、もちろんほかのサイトでも独自のポイントがつくことが多い。

 そして、これらのモールやサイトにダイレクトにアクセスして買い物をするのではなく、「ポイントモール」を経由することで、付与ポイントを倍増させることができる。まずは「ポイントモール」にログインした後で、目当てのモールやサイトで買い物をするという流れだ。

 ポイントモールによって提携しているサイトは異なるが、「Amazon」や「楽天」などはどのモールでも扱っているため、普段から「Amazon」や「楽天」で買い物をしているユーザーにとっては、なんの不便もない。

 ただし、経由するポイントモールによってポイントの倍増率が異なることがあり、期間限定キャンペーンなどで特定のショップの倍増率が高くなっているケースもある。よく使うショッピングサイトがある場合は、複数のポイントモールを比べたほうがいいだろう。

●各種共通ポイントやマイルが増えることも

 ポイントモールは、クレジットカード会社や航空会社、共通ポイント関連が運営している。まず、カード会社のモールだが、素直に自分がよく使うクレジットカードのサイトを経由するのがいいだろう。

「Oki Dokiランド(JCB)」「セゾンポイントモール(クレディセゾン)」「セディナポイントモール(エディオン)」「ポイントUPモール(三井住友VISAカード)」「ポイント名人.com(三菱UFJニコス)」などが、それにあたる。

 カード会社のポイントモールを利用する場合は、原則そのカードで代金の支払いを行うが、決済するカードにかかわらず使えるポイントモールもある。共通ポイントが運営するものが、それだ。

「Yahoo!ショッピング」をよく利用する人は、「Tモール」を経由すれば上乗せでTポイントが貯まる。楽天スーパーポイントを貯めたいなら、「もらえるモール」を経由するといい。ちなみに、dポイントが1.5〜10.5倍になる「dカード ポイントUPモール」もあるが、これはdカードでの決済が必要なため、利用するにはカードを申し込む必要がある。

 さらに、マイルがもらえるモールもある。「ANAマイレージモール」と「JALマイレージモール eマイルパートナー」で、ほかのポイントモールと同様の仕組みだ。それぞれANAカードやJALカードでなくても決済できるが、同カードで買えばさらにマイルが倍増するショップもあるので、マイラーには見逃せないだろう。

 ポイントを貯めるには、必ずしもポイントモールが最強というわけではない。公式カードやアプリを利用したほうが付与率が高くなるものもあるが、「細かい計算は苦手」という人は、まずはポイントモールからスタートするのがいいかもしれない。

●旅行の予約こそポイントモールを活用すべき!

 先に書いたように、ネットショッピングで大きく伸びているのは旅行とチケットだ。それなら、やはりポイントモールを利用したい。

 主なポイントモールから予約できる国内旅行サイトを調べたところ、どのモールでも「楽天トラベル」「じゃらんネット」「Yahoo!トラベル」「一休.com」などの主要サイトはおおむね利用できる。

 ライバル関係といえる「Tサイト(Tポイント)」と「もらえるモール(楽天スーパーポイントなど)」では、どちらも「Yahoo!トラベル」と「楽天トラベル」を扱っているのもおもしろい。

 もちろん、多くのモールでJTBや阪急交通社、近畿日本ツーリストなどの旅行会社のツアーを予約することもできる。ツアーや宿泊の料金はまとまった金額になるので、付与されるポイントのことを考えると、ぜひポイントモールを経由したいところだ。

 逆に、エンタメ関連やスポーツ観戦のためのチケット予約サイトで、ポイントモールと提携しているところは多くはないようだ。大手では「チケットぴあ」が、「Oki Dokiランド」「Tモール」「もらえるモール」「JALマイレージモール」などで利用できる。

 筆者自身はコンサートやスポーツ観戦の際は「もらえるモール」経由で「チケットぴあ」を利用している。チケットは複数人分をまとめて購入することが多いので、やはりポイントを考えるとモールを経由するメリットは大きいだろう。

 いくらポイントがアップするとはいえ、あちこちのポイントモールをわたり歩くのは、かえって手間がかかるだけだ。自分がどんなショップを使うことが多いのか、そのショップのポイント倍増率が高いモールはあるか、などをざっと比較した上で絞り込んで利用しよう。
(文=松崎のり子/消費経済ジャーナリスト)