米国立健康統計センターの調査によると、米国のハイティーン男女のセックス経験率は40%程度のようだ。

 同調査は2011〜15年に全米の15〜19歳の男女、4134人を対象に対面で行われた。その結果「1回以上セックスの経験がある」との回答は、男性44.2%、女性42.4%。援助交際など「初めて会った相手」との経験は男性7%、女性2%にとどまり、「交際関係」にある相手との経験は、男性51%、女性71%だった。

 また「妊娠したら困る」との回答は、男性80%、女性89%。初めてのセックスでは男女とも8割が避妊を行っている。親は一安心だが、肝心の避妊法を確認すると逆に心配になってくる。

 妊娠・出産という大きなリスクを伴う女性の避妊法は「コンドーム」が97.4%、「低用量ピル」が55.5%。この二つは良しとして「膣外射精」、いわゆる「外出し」が59.7%もあることに驚く。妊娠は「困る」と認識する一方、避妊も性感染症予防も期待できない「外出し」派が6割という事実は、性教育不足を物語るだろう。

 少々古いが日本性教育協会の11年報告によると、日本の高校生のセックス経験率は男性が15%、女性は23.6%だった。

 また、セックス相手がいる男性の69%、女性の57%が「妊娠を気にする」一方で、「いつも」避妊をする女性は70%、「場合による」が26%、「しない」が4%という結果だった。

 いつも避妊をする女性の避妊法は米国と同じく「コンドーム」が9割、不確実な「外出し」が14.6%、「オギノ式(基礎体温法)」が10.9%だった。

 米国小児科学会や米国産婦人科学会は、10代女性の「初めての避妊」には、子宮内に避妊具を挿入するIUDや、避妊インプラント(日本では未承認)など、確実で長期間作用する方法を推奨。コンドームの併用で「セーフセックス」が成立するとしている。

 日本では、10代の女性へのIUD処方にはまだ抵抗がある。次善の選択肢は低用量ピルだ。

 望まない妊娠を防ぐためにも、両親が真剣に考える必要がある。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)