いつでもどこでも栄養補給。食べやすいグミタイプの完全食

写真拡大 (全2枚)

あいにくのお天気が続き、例年の夏バテとはどこか違う体調不良を感じます。そこで食欲不振が続いたら、たまには手軽にグミで栄養補給するのもアリかも。
時代のニーズに合ったグミタイプ

COMP gummy 200kcal Trial 500円(税込)

たとえば、完全食「COMP」の栄養設計思想にもとづいて開発された『COMPグミ』なら、1袋(53g)で200キロカロリーを補給できると同時に、人の生活に不可欠な必須栄養素(糖質・タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維)を過不足なく補うことができるそう。食事で栄養をとるのが大変なときなど、心強い味方になりそうな栄養食品ですが、そもそもなぜグミにしたのでしょうか?
その答えは、最初に発表した粉末飲料タイプの『COMPパウダー』の愛用者から、「溶かして作るのが面倒」「携帯性を高めたい」「噛みたい」などの要望が強かったからだとか。たしかに、粉末飲料タイプだと溶かすのが面倒になり、なかなか続きません。その点グミタイプなら、いつでもどこでもひと口でいただけるし、噛むことによって空腹感も抑えられそう。また錠剤を飲むのが苦手な人にもよろこばれそうですね。
手軽にバランスのよい栄養補給
フレーバーは、オレンジ・バナナ・リンゴ等の風味を最適なバランスで配合したフルーツミックス味。グミや飴で馴染みのある製菓会社のUHA味覚糖と共同開発し、完成した商品になります。
じつはこの『COMPグミ』、世界初(※コンプ調べ)のグミタイプの総合栄養食品として、7月11日(火)より新発売したものの、当初の想定を大幅に上回る販売となり、販売を一時停止せざるを得ない状況となっていました。ですがこのたび、満を持して販売開始となったのです。まさに時代のニーズに合った栄養補給食品と言えそう。
栄養バランスが気になるときや、食欲不振のとき、また忙しくてゆっくりと食事ができないときなど、頼ってみてもいいのではないでしょうか。購入は公式販売サイトから。
[株式会社コンプ]
image via Shutterstock