バルセロナ移籍を希望するMFコウチーニョ

写真拡大

 リバプールのMFコウチーニョはW杯に出場できないリスクを冒しても、バルセロナ行きを諦めるつもりはないようだ。英『ミラー』が伝えている。

 リバプールは先週に公式声明を発表し、コウチーニョの退団を否定していた。しかし同紙によると、コウチーニョ自身は移籍を成立させるため、トランスファーリクエストを提出。ユルゲン・クロップ監督に対し、リバプールでもうプレーすることはないとすら明言しているという。

 また、スペイン『ムンド・デポルティボ』によれば、クラブ側が退団に応じなかった場合、コウチーニョは今季の間、ベンチに座り続ける覚悟がある模様だ。来年に開催されるロシアW杯でのポジションが危うくなるリスクもあるが、それほどコウチーニョの退団の意思は固いということなのかもしれない。


●欧州移籍情報2017-18

●プレミアリーグ2017-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集