16日、中国と国境を接するロシア極東のザバイカリエ地方でこのほど、中国側から地下道を使ってロシア側に越境した男が、国境警備隊に身柄を拘束された。写真は中国東北部の中ロ国境。

写真拡大

2017年8月16日、露通信社スプートニクによると、中国と国境を接するロシア極東のザバイカリエ地方でこのほど、中国側から地下道を使ってロシア側に越境した男が、国境警備隊に身柄を拘束された。

43歳の男は動機について「ロシアで仕事を見つけるため」と話しているという。男は運送会社の運転手だったが職を失い、パスポートとビザの申請費用もなかったという。拘束された当時、所持していたのは地図と身分証、運転免許証だけだった。

男は2年以下の懲役を受ける可能性があるという。(翻訳・編集/柳川)