清水悠太が過去2度準優勝の悔しさ晴らす初V、2冠も達成 [全日本ジュニアU18男子]

写真拡大

「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」(8月8〜17日)は最終日、大阪市・靱テニスセンターでU18のシングルス&ダブルス決勝が行われた。

 男子シングルスでは第1シードの清水悠太(西宮甲英高)が昨年のU16覇者で第2シードの田島尚輝(TEAM YONEZAWA)に6-1 6-2で快勝。念願の全日本ジュニアの初タイトルを手にした。また、羽澤慎治(西宮甲英高)と組んで第3シードで臨んだ男子ダブルスでも、第7シードの坂野唯(狛江インドアジュニアATPチーム)/川上倫平(荏原SSC)を6-2 6-4で破り、2冠を達成した。

◇   ◇   ◇

 プロを志す清水にとっては、ジュニアのラスト・イヤーにどうしても欲しいタイトルだった。スポンサーへの大きなアピールになる。

 1回戦から緊張しっぱなしで、決勝は「吐きそうなほど」緊張したという。前日にU14で優勝した末岡大和(トップラン)、U16で優勝した山中太陽(西宮TC)は同じ『テニスラボ』を拠点に練習する仲間たちだった。「それもあって、すごいプレッシャーを感じてしまって」と清水。しかし、その緊張は決してマイナスには表れず、集中力となってプラスに作用したようだ。

 立ち上がりから安定したショットを左右に散らしてポイントを重ねると、第2ゲームで早くもブレーク。第6ゲームで2度目のブレークに成功し、6-1でセットを先取した。

 一方、緊張はしていなかったという田島がミスを連発。粘り強い清水とのラリー戦を嫌って攻め急いだようにも見えたが、「むしろいつもよりテンポを遅くして、ラリーを長めにつないでいたつもり」と、それは否定した。落ち着いた攻めからチャンスボールをときに引き出すことはできたが、それを決めきれなかったのは、ミスをしない清水のプレーから徐々にプレッシャーを感じていたのだろうか。

「ずっと緊張はほぐれることはなかったです。でも逆に、緩んだらダメだと思ったので、緩まないように一生懸命集中していました」という清水は、第2セットも第3ゲームと第7ゲームでブレーク。自身は一度もブレークポイントを握られることなく、わずか1時間1分で片を付けた。

「最後の年だったので、ほんとによかった。ずっと一つの目標にしてがんばってきたので」

 過去2年、最後は清水の消え入りそうな落胆の声ばかり聞いてきたが、この日ばかりはもともとシャイな清水も、それなりに声を弾ませた。

 この先、プロ転向するにあたって、この優勝がどれほどの好条件を引き出すものになるかはまだわからない。しかし、ジュニア時代を「やり遂げた」という自信は、必ずいつかどこかで力になるだろう。

(テニスマガジン/ライター◎山口奈緒美)

※写真は「DUNLOP SRIXON 全日本ジュニアテニス選手権 '17 supported by NISSHINBO」の18歳以下男子シングルスで初優勝を飾った第1シードの清水悠太(西宮甲英高)(写真◎松村正行/テニスマガジン)