「1ミリも近づいていない」 ドルトCEOがバルサ幹部のデンベレ“獲得間近”発言に不快感

写真拡大

ヴァツケCEOがバルサ強化部セグラ氏の発言に反論 「私は理解できない」

 バルセロナは16日に敵地で行われたスペイン・スーパーカップ第2戦でレアル・マドリードに0-2と完敗し、2戦合計1-5と圧倒された。

 バルサのスポーツマネジャーを務めるペップ・セグラ氏は試合後、TVカメラの前でリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョと、ドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレの獲得に「近づいている」と主張したが、サポーターの怒りを和らげるための発言によってドルトムント首脳陣の逆鱗に触れてしまったようだ。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が報じている。

 ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは、バルサに対する不快感を隠そうとしなかった。

「私はなぜこんなコメントを彼がしているのか理解できない。おそらく、レアル・マドリードが彼のチームをスーパーカップの2試合で簡単に凌駕してしまったからだろう。バルセロナはウスマン・デンベレとの契約で、1ミリも近づいていない」

 ヴァツケ氏は、バルセロナに対して警告を発した。デンベレはバルサ移籍を熱望し、チーム練習を無断欠席。すでにドルトムントから引っ越したとも報じられているが、ヴァツケ氏はバルサとの交渉に強気な姿勢を示している。

交渉相手を激怒させ、さらなる苦境に…

 スペイン地元テレビ局「TV3」で、セグラは「(コウチーニョとデンベレ?)我々は近づいている。条件面について話し合っている。全てが完了するまで、我々はそれ以上言えない。彼らがバルサのユニフォームを着ることを願っている」と獲得間近のような発言をしていたが、結局のところ、交渉相手を激怒させる結果になったようだ。

 パリ・サンジェルマンにブラジル代表FWネイマールが流出し、後釜をいまだ確保できないなど、移籍市場での手際の悪さによって批判を浴びるバルサのフロント陣。今回の一件でドルトムント側の不信感を高めたことで、さらなる正念場を迎えてしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images