ネイマール、なんとUFC選手をボディガードとして雇う

写真拡大

今夏、PSGへ電撃移籍したブラジル代表FWネイマール。

彼が個人的なボディガードとしてUFC選手を雇ったと『Metro』などが伝えている。

それによれば、用心棒として白羽の矢が立ったのは、ノルディーヌ・タレブだという。

.If they say so 😂😂 happy birthday to me ✌thanks @ufc
Nordine talebさん(@tnt__mma)がシェアした投稿 -

フランス生まれでアルジェリアにもルーツを持つ36歳だ。ネイマールの左に写っているのがタレブ。身長は185cm。

.avec @neymarjr #neymar #psg #football #soccer #sttropez #brasil #ufc #mma #bjj #cr7 #allthewayup
Nordine talebさん(@tnt__mma)がシェアした投稿 -

彼は5月にストックホルムで行われた『UFC Fight Night 109』で、地元スウェーデンのオリヴァー・エンカンプを撃破している。

そして、最も有名なシーンといえば、2016年にブラジル人のエリック・シウヴァを一発で沈めた場面。

そんなタレブはInstagramでプロレスラーの高山善廣さんについて触れていた。

.outch! takayama reportedly paralyzed after a wrestling exhibition match in May 😓 poor him ...
Nordine talebさん(@tnt__mma)がシェアした投稿 -

高山さんは5月の試合で頸髄などを損傷。手術を受けたが、今月になって『週刊文春』が「首から下が動かない」状態にあると報じたばかり。

タレブはそれを伝え聞いたのか、「5月の試合後にタカヤマは麻痺したと伝えられている。かわいそうに」と綴っていた。