FCバルセロナ会長、バルトメウ

写真拡大

FCバルセロナは、スポークスマンのジョセップ・ヴィヴェスを通じてSNSで繰り広げられている会長ジョセップ・マリア・バルトメウに対するキャンペーンを非難した。

【関連記事:バルサ会長 SNSトピックに】

ヴィヴェスは、バルトメウと彼の家族がここ数日SNSを通して脅迫の対象になっていると咎めた。

バルサのスポークスマンは「キャンペーンはバルトメウの評判を汚すよう意図されており、多くの反応を得ている。クラブの調査では、これは故意に操られた人工的なキャンペーンであり、反応の多くはカタルーニャやスペインの外からだけではなく、欧州の外からも来ている。」

ヴィヴェスは、ハッシュタグ“#BartomeuDimissio”(バルトメウ辞任しろ)を用いて会長辞任を求めるキャンペーンは、プレッシャーの下にいて脅迫を受けている会長と家族に個人的に影響している、と話した。