国体で初のドーピング陽性反応 該当選手は決定取り消しを申し立て

ざっくり言うと

  • 国体で初めてドーピング検査で陽性反応が出たと17日、分かった
  • アンチ・ドーピング機構は4年間の資格停止処分を科す決定を選手に下した
  • 選手は不服とし、日本スポーツ仲裁機構に決定取り消しを申し立てた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング