若旦那、自伝的漫画『センター 〜渋谷不良同盟〜』単行本第5巻にて完結

写真拡大

湘南乃風のメンバーであり、ソロとしてもアーティスト/俳優として活動する若旦那が原作を担当する漫画『センター 〜渋谷不良同盟〜』の単行本第5巻が2017年8月18日(金)に発売される。

2014年12月から『別冊ヤングチャンピオン』にて、連載されてきた本作は1990年、渋谷センター街を舞台に主人公・シンゴが仲間とともに成長していく姿を鮮烈に描いている。最新作では歌舞伎町のヤクザ・小島がパーティーの利権を狙って渋谷のチーマーたちに目をつける。シンゴたちは大切な街や仲間をめちゃくちゃにされたことで、怒りが沸点に達し、歌舞伎町へと乗り込む。ラストシーンの川田(シンゴの先輩)と小島の頂上対決では衝撃の展開が。これまで単行本として4巻まで発売され、この5巻が完結編となる。

『センター 〜渋谷不良同盟〜』第5巻
2017年8月18日(金)発売
原作:若旦那 漫画:加納康雄 構成:フジジュン

若旦那 コメント
本当の男ってやつは、カーストというピラミッドの頂点に立つ男ではなく、誰が上とか下とかない円の真ん中(センター)にいる。昔々、渋谷の繁華街にチーマーと言われた不良達の「センター」にいた男がいた。これは社会に適合出来なかった彼らの喜怒哀楽に満ちた物語です。この漫画の登場人物は実在した当時の渋谷の不良達を参考にしているので、たまに本人に会うと「あれは俺のこと?」って嬉しそうに言ってくれます。
最後に、僕がこの物語を描こうと思ったきっかけである、今は亡き僕たちの先輩、川田先輩へ。この最終巻で、川田先輩の最高のラストシーンを書くことができて本当によかったです!あなたの背中はかっこよかったですから!!
加納先生、フジジュンさん、秋田書店の重兼さん、長い間お疲れ様でした!感謝しかないです!

◆若旦那 オフィシャルサイト