回して焼くから本格肉料理もおいしく食べられます!

写真拡大 (全4枚)

残業を減らしましょう…なんて動きがあっても日々の家事はなかなか減らない毎日。平日の料理はできるだけ手間をかけずに簡単に済ませて、休日は時間をかけて作った料理を家族や友人と一緒に楽しみたい、という需要が増えているのだとか。だったら家庭で本格的なおもてなし料理、例えば“ローストビーフ”や“焼き豚”なんていかがですか。

「エッ、そういうのってお店で買ってくるものなんじゃないの?」

おまかせください。あなたのおうちでゴージャスなおもてなし料理の数々を、作って、食べて、楽しめますよ!

 

パナソニックの「ロティサリーグリル&スモーク」は、新開発した“360°回転ロティサリーグリル”によって、かたまり肉をまるごと炙り焼きできる多機能グリル&オーブン。食材の外と中を加熱する遠近赤外線ダブル加熱、低速回転機構、最適な火加減にコントロールする温度制御の3つのテクノロジーでじっくり丁寧に焼き上げます。

かたまり肉を入れた専用かごを受け皿に取り付けて、本体庫内にセットするだけ。360°回転させながらゆっくりと加熱することで肉のたんぱく質の凝集を抑えられるので、専門店顔負けの柔らかくジューシーな仕上がりに。とうもろこしなどの野菜もまるごとグリルもできますよ。

▲<触媒フィルター><触媒専用ヒーター><強制排気ファン>を搭載しているので、料理中の気になる煙を軽減してくれる

しかも、この「ロティサリーグリル&スモーク」、その名の通り燻製機能も搭載。自家製の燻製卵やスモークチーズを作れる上に、オーブンやトースター機能もついているので、ピザやトーストまで焼けるなど、1台で4役の大活躍。肉料理や燻製だけでなく、日常でも気軽かつ便利に使える機能が満載です。

410×410×283mm 本体約8.4 kg(焼き網使用時)。オープン価格。11月上旬発売です。

>> パナソニック「ロティサリーグリル&スモーク NB-RDX100」

 

(文/&GP編集部)