実際、これをできる人がこの世にどれだけいるか。とか、できるなら最初から恋愛で苦労しない!そんな声があちこちから飛んできそうな内容。正直に言うとね。

「認識のすり合わせ」がいかに重要なことかは、言われなくても分ります。だけど、それを知るのは後々になってから、でしょ?だからこそライターAlison Segelは、早いうちにと念を押すわけで。

ほら、結局のところ恋愛のキーポイントって、この5つくらいじゃないですか。

相手を振り向かせようと、初期のデートは自分のいいところばかりを見せようとするもの。ですが、長続きの秘訣は最初っから、自分がどんな性格の人間なのかを包み隠さず伝えること。

例えば私の場合、一人の時間が必要だけど、イチャイチャするのも、「大好きだよ」と事あるごとに伝えられるのも大好きな性格。数回のデートを重ねたら、こんな私の性格を相手に伝えるようにしています。それがもし合わないのならば、遅かれ早かれ、気持ちはすれ違ってしまうもの。だから早く伝えるべき、というのが私の持論。

さらに、お互いにストレスの対処法を知っておくと尚いいでしょう。例えば、仕事で疲れた日にはひとりの時間が欲しい?仲直りをしたあとは、愛情表現をわかりやすく示して欲しい?ならば、そうパートナーに伝えましょう。そうしないと、いつしかすれ違いが起きてしまいます。

もし5年後に「フィジーでサーフィンのインストラクターをしたい」など叶えたい夢があるのなら、あらかじめパートナーに伝えておきましょう。

将来住みたい場所、ゆくゆくは就きたい職、モノガミー(一夫一妻)や子どもを持つことに対する考え、バケーションの重要さ、趣味や友だち…。長く付き合っていくためには、これらについてお互いがどのように考えているのかを知っておくことが大切。

まずは自分が欲しいものを明確にすることが第一歩。それがはっきり見えたら、パートナーと価値観を共有し合いましょう。そうすると、より鮮明に二人の未来が描けるはずです。

あなたが、複数人の異性を関係を持つポリアモリーに肯定的で、相手はモノガミーしか信じていない場合。どのような関係を築いていくかを前もって話しておかないと、いつしか修羅場がやってきてしまうはず。

その他にも、お互いがどれくらい一緒に時間を過ごしたいのか、どれくらい頻繁にメールや電話などでやりとりをしたいのか。ソーシャルメディアには二人の関係をどこまで公開したいのか。元カレや元カノと友人関係を保つのはありなのか、何を持って「浮気」とするのか、嫉妬深い方なのか。

長く付き合っていきたい相手なら、これらに対するお互いのスタンスが自分に合っているかどうかを確かめておきましょう。恋愛に対する価値観や欲求をクリアにしておくことで、お互いを傷つけることや、困惑させることも減るはずです。

苦手なことや秘密は、誰にだって伝えにくいもの。でも勇気をもってできるだけ早くパートナーに伝えておくことが、あなたのためにもなります。打ち明けるだけで心の負担も減りますし、万が一相手がそれを理解してくれない場合、時間を無駄にすることなく早いうちにその人から手を引くこともできます。

例えば私はお酒をまったく飲みません。たいていの男性はそれでも大丈夫なのですが、私を酔わせて一緒に寝たいと思っている男性にとってはNGのはず。ある時私はTinderで出会った男性とデートに出かけて、バーでダイエットコークを頼みました。すると彼が「なぜ?」と聞いてきたので「私、お酒飲めなくて」と答えたのです。そうしたら「君が飲まないと知っていたら、時間を無駄にしないで済んだのに」と彼。これは極端な例ですが、あらかじめ「お酒が苦手」と伝えていれば、こんな事態は避けられたのです。

今は、出会った初日から自分の弱さや秘密を打ち明けるようにしています。お酒を一滴も飲まないこと。子どもが欲しいかどうかはわからないこと。ちょっとした持病があること。

それで去っていく男性を追いはしません。だって「それでも一緒にいたい」と言ってくれる相手を選ぶのが、一番いいと思うから。でしょ?

あなたが「バケーションやディナーにお金をかけたい派」で、彼が「節約派」だとしたら要注意。金銭面でバトルが起きてしまうかもしれません。

今は金銭管理をそこまで深く考えていないとしても、例えば子どもができたり、家を買うとなったらどうでしょう?節約ができるかできないかで、生活が大きく左右されますよね。

ならば今のうちからどのようにお金を使っていきたいかを話しておくことは、きっと重要なこと。そうすれば片方が家を買う貯金をして、片方は無駄遣いばかり、なんてことにもならないはず。お金について話し合うとなると少し緊張もしますが、大人になるとはこういうことなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily