存在がストレス……!男性に聞いた「彼女のムカついた言動」4選

写真拡大

どんなに好きな彼女であっても、ムカついてしまう瞬間はあるもの。
今回は男性に聞いた「彼女のムカついた言動」4パターンをご紹介します。

●(1)「ありがとう」が言えない

『気持ちは言葉にしないと伝わらない。心の中で思っているだけでは思ってないのと同じだよ』(31歳/商社)

そもそも人間としてどうかしている!と男性から不評なのが、「ありがとう」を言えない女性。
自分にも思い当たる節はありませんか?
確かに「ありがとう」を伝えるのは、少し気恥ずかしく、素直に言えないこともありますよね。

心の中では感謝の気持ちを持っていて、本当は伝えたいのになんだか恥ずかしくて伝えられない…そんな女性も多いはずです。
しかし男性からすると、ありがとうを言えない女性は「非常識である」と認識されてしまいます。
男性に何かしてもらった時には、恥ずかしくても「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることを忘れないようにしましょう。

男性は女性からの「ありがとう」が大好きな生き物です。
恥ずかしがりながらでも伝えることで、彼にも気持ちがしっかり伝わりますよ。

●(2)「なんで怒ってるの?」と聞いても理由を教えてくれない

『こっちもエスパーじゃないんだから、言葉にしてくれないと伝わらないよ』(26歳/IT)

男性は女性に比べて、隠れた他人の心理について考察することが苦手なものです。
そのため、彼女がむすっとしていたり、機嫌が悪そうにしていたとしてもそれがなぜなのか察することができないことも多々あります。
「なんで怒ってるの?」などと女性からすると少し無神経にも取れるようなことを聞いてしまうのです。

女性としては、「どうして察することができないの?」「わざわざ怒っている理由を言わせるなんて信じられない」と言った気持ちになってしまうかもしれません。

ですがそれが通用するのは女性同士の間だけです。
嫌なことがあったり、怒っている時は態度ではなく、言葉で伝えるようにしましょう。
無視を決め込んだり「言わなくてもわかるでしょ!」と怒ったりせず、冷静に理由を話すといいですよ。

●(3)繰り返しデートに遅刻する

『会う気を感じられないと冷める。何回も同じことを繰り返していると、人としての品性を疑う』(33歳/メーカー)

男性はだらしない女性があまり好きではありません。
特に時間にルーズな女性に対しては、「こっちの時間を奪っていることもわかってほしい」とイライラしてしまうようです。
繰り返しデートに遅刻してくるような女性には、男性はイライラを通り越して呆れてしまうのだそう。

女性は男性に比べて準備に時間がかかってしまうため、「ちょっとの遅刻くらい許してよ」と思ってしまうこともあるかもしれません。
ですが、時間を守るという人間として最低限のルールを守れないようであれば、彼に怒られたり呆れられたりしても仕方ありません。
絶対に遅刻癖をつけないようにしましょう。

●(4)TPOをわきまえず大声で話し掛けてくる

『元から声の大きい人とかすぐ大声で笑う人が本当に苦手。一緒に居てストレス溜まる』(30歳/飲食)

女性はおしゃべりに白熱すると、つい周りが見えなくなってしまいます。
女性会をしていて、お店などで周囲の人に「うるさい」などと注意されたことがある人もいるのではないでしょうか。
そのようなノリのまま、男性とデートに行くことは絶対に避けるようにしましょう。

男性は比較的スマートな振る舞いができ、おとなしい女性を好むことが多いです。
カラオケや遊園地など、少々騒いでも問題のない場所であれば別ですが、静かなカフェや本屋さん、映画館などでTPOをわきまえず大声で話しかけられると、つい「他人のふりをしたい…」と思ってしまう そうです。

----------

今回は男性に聞いた「彼女のムカついた言動」について4パターンご紹介しましたが、いかがでしたか?
どれも女性がついしてしまいがちなミスです。

もしかすると思い当たる節があるかもしれませんが、次回のデートから気をつけるようにしましょう。

(文/恋愛jp編集部)