大会3連覇を達成した宮本一平【写真:編集部】

写真拡大

インターハイ競泳、男子200平で3連覇を達成「感謝の気持ちを込め、泳げた」

 全国高校総体(インターハイ)の水泳が17日に開幕し、競泳の男子200メートル平泳ぎで宮本一平(埼玉栄・3年)が2分10秒77で大会3連覇。偉業を達成した3年生は「残り3年、なんとか頑張って東京五輪で金メダルを狙いたい」と高い目標を明かした。

 東京五輪を目指す逸材が実力を発揮した。宮本は2分10秒77で泳ぎ切り、大会3連覇を達成。場内インタビューでは「9秒台は出なかったけど、3連覇することができた。支えてくれた家族、コーチ、先生への感謝の気持ちを込め、泳ぐことができた」と振り返った。

 故障からとの闘いだった。昨年12月、腰椎分離症と診断された。中学の頃から違和感を感じながら泳いできたが、初めて受けた診察で判明。以来、腰への負担を減らそうと腹筋、体幹を鍛え直し、肉体強化を図ってきた。それだけに「優勝できたことは良かった」と安どの様子だった。

 高校3連覇の偉業を達成したが、目標は20年東京五輪。課題も明確だ。4月の全日本選手権、5月のジャパンオープンとも振るわず。「メンタル的に弱い部分があった」という。

200平は世界記録保持者・渡辺一平が存在…一平が一平越えへ「6秒台、それよりもっと」

「スタート台に立つ時に『やってやろう』という気持ちになれないと自己ベストが出なかった」。それでも、コーチから「このレースでタイムを出す、くらいのつもりじゃないとダメ」などと叱咤と助言を受けながら、心の強化も図ってきた。

 刺激になったこともある。ジャパンオープンで100メートル平泳ぎ世界記録保持者のアダム・ピーティ(英国)の泳ぎを間近で見た。「すごく勉強にもなった」と振り返り、世界トップレベルを感じたことで「自分もまだまだ自分もできるんじゃないか」と前向きになった。

 夢の東京五輪へ。同じ200メートルでは2分6秒67の世界記録保持者・渡辺一平(早大)という高い壁が存在する。同じ「イッペイ」の名前を持つ宮本は「6秒台、それよりももっといかないといけない。残り3年、なんとか頑張って金メダルを狙いたい」と宣言した。