2017年の夏は「フルーツエール」に注目! 「スプリングバレーブルワリー」のフルーツエールTOP3

写真拡大

暑い夏、爽やかな味わいと涼しげな見た目のビールがおいしい季節ですね。近年は、さまざまなクラフトビールが出回るようになり、フルーツエール(フルーツビール)と呼ばれるフルーツの風味を楽しめるビールも数多く登場するようになりました。今回は、東京・代官山の「スプリングバレーブルワリー」で見つけた、ビールの苦みが苦手な女性にはもちろん、ビールを飲み慣れている女性にもオススメのフルーツエールをランキング形式でお届けします。

■そもそも、フルーツエールって何?

まずは、年々注目度が高まっているフルーツエールとは何かを紹介します。

◇フルーツエールとは……

フルーツエール(フルーツビール)はフルーツの風味が楽しめるビールで、そのルーツはベルギーにあると言われています。

本場のベルギーで使われるフルーツは15種類ほどと言われ、さくらんぼ、キイチゴ、ピーチ、カシス、グリーンアップル、ライム、レモン、マスカットなどの伝統的な果実から、バナナ、パイナップル、パッションフルーツ、ピンクグレープフルーツなどのトロピカルなフルーツまで、幅広く使用されています。作り方もさまざまあり、ビール主発酵前に果実を加える方法では、フルーツの風味はありながら味わいはビールそのものになります。ビール主発酵後に果実を加える方法では、ジュースのような飲みやすさに仕上がり、日本で飲めるフルーツエールはこのタイプが多いです。

近年はビールの苦みが苦手な女性から、ビールを飲み慣れている女性にも楽しめる多彩なフルーツエールが出回るようになりました。また、見た目の色合いもさまざまで、ピンクやオレンジっぽいもの、イエローにブラウンなど華やかなため、インスタ映えも間違いなし。ぜひ飲食店などで見つけたら飲んでみることをオススメします!

■さっそく、この夏イチ押しのフルーツエールTOP3を紹介

ここでは、東京・代官山の「スプリングバレーブルワリー」のフルーツエールを、この暑い夏のオススメ順に発表します。

◇第1位「フルーツシリーズぶんたん」(レギュラーサイズ 930円)

高知県特産である「土佐文旦」を使ったフルーツエール。華やかな香りがふわっとし、上品な甘みと酸味が口の中でハーモニーを奏でます。どんな料理にも合わせやすく、オールマイティに楽しめるビールです。

◇第2位「完熟梅スッパークリング」(レギュラーサイズ 930円)

「完熟南高梅」を丸ごと使った爽やかな酸味とほのかな塩味を楽しめるフルーツエール。スパークリング感覚の軽やかな飲み口が特徴で、特に暑い日に飲むとすっきりと喉元をリセットしてくれます。

◇第3位「フルーツシリーズはっさく」(レギュラーサイズ 930円)

爽やかな酸味とほろ苦さが特徴のはっさくを使ったフルーツエール。さっぱりとフルーティな味わいが楽しめます。

◇番外編その1「496(ヨンキュウロク)モヒート」(1,200円)

スプリングバレーではクラフトビールをベースにした、リゾートビアカクテルもラインナップ。中でも、人気のビール「496」を使った夏の定番「モヒート」は、たっぷりミントが入って爽やかで飲みやすく、涼しさ満点!

◇番外編その2「JAZZBERRY(ジャズベリー)フローズン」(780円)

ラズベリー果汁を加えて作られたフルーツエールのフローズンタイプも要注目! ラズベリーのフルーティな酸味と、ミントを添えた冷たい泡が新感覚のドリンクで、夏らしい爽やかな一品です。

★夏の感動ペアリング♪

お酒を飲むときに、そのお酒とぴったりな食事を一緒に楽しむこと(ペアリング)ができれば、おいしさも倍増! この「ジャズベリー フローズン」とペアリングする料理は、「夏野菜と赤エビの冷製カッペリーニ ガスパチョ シェーブアイス」(1,400円)。

トマトのかき氷をカッペリーニのまわりにグルッとかけて、ズッキーニ、パプリカ、トマトをふんだんに使った夏らしいパスタです。「ジャズベリー フローズン」の酸味がトマトの酸味とマッチして、夏のどんぴしゃペアリングが完成。

■フルーツエールを堪能できる「代官山リゾート」を開催中!

現在、スプリングバレーブルワリーでは、「代官山リゾート」を期間限定で開催。上記のフルーツエールの飲み比べやリゾートビアカクテル、数量限定&期間限定商品、ビールに合うフードを提供しています。テラス席のヤシの木の装飾やハンモック席で楽しめるのも見逃せません。リゾート気分の盛り上がる場所で、この夏は自分好みのフルーツエールを見つけて楽しんでみて。

◆店舗概要
「スプリングバレーブルワリー東京」

住所:東京都渋谷区代官山町13-1 ログロード代官山内
営業時間:月〜土 8:00〜24:00(L.O.22:30)、日 8:00〜22:00(L.O.21:00)
席数:215席(1階102席、2階84席、テラス29席)
TEL・予約:03-6416-4960(受付時間 10:00〜22:00)
http://www.springvalleybrewery.jp/tokyo/

※価格はすべて税込です

※掲載内容については、取材時の7月末のものとなります。数量限定・期間限定で入れ替わる商品もあるため、詳細は店舗にお問い合わせください

(マイナビウーマン編集部)