16日放送の「有吉探検隊」(テレビ朝日系)で、今年1月に解散したアイドルグループ「Doll☆Elements(ドールエレメンツ)」の元メンバー・小森有輝乃さんが、アイドルから歯科衛生士への転身を目指していることを明かし、その理由を語った。

番組では、「『秘密の花園』を潜入調査」と題して、有吉弘行率いる探検隊メンバーが、東京都内の歯科衛生専門学校に潜入した。歯科衛生士は2015年の法改正までは、女性を前提とした職業だったこともあり、現在も生徒の大半は女性なのだとか。

学校内で、機器の知識や技術を学ぶ「実験室」という部屋に入った一行は、生徒の中に元アイドルがいるという情報を受けて探すことになり、小森さんを見つけ出す。

小森さんは2013年に、Doll☆Elementsの小森ゆきのとしてデビューしたが、メンバー間の方向性の違いなどの理由から、グループは今年1月に解散している。

そんな小森さんに、ハライチの澤部佑が「なぜ歯科衛生士へ?」と転職理由を尋ねると、小森さんは「やっぱりお給料がいいということで」「安定しているので」とぶっちゃけたのだ。

番組VTRによると、歯科衛生士の平均月収は約25万円で、アイドル時代は月収約15万円で休みもわずかだったとか。そうした理由から、小森さんは20歳にして転職を決めたのだという。

【関連記事】 
満島ひかり かつての事務所社長からの痛烈な一言を明かす「胸がない」
今田耕司 オモロー山下の芸能記者転身に危惧「全部知ってる」
羽鳥慎一 福澤朗のフリー転身後の稼ぎぶりを指摘「0が違う」