メディカルチェックを受けるMFブレズ・マトゥイディ

写真拡大

 ユベントスはパリSG所属のMFブレズ・マトゥイディが前日の診察に続き、2回目のメディカルチェックを終えたことを発表した。クラブ公式サイトが17日に伝えている。

 イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は16日、ユベントスのマトゥイディ獲得合意を報道。移籍金は2000万ユーロ(約26億円)+ボーナスと伝えられていた。ユベントスの新10番FWパウロ・ディバラも自身のツイッター(@PauDybala_JR)で「ようこそ」と直接メッセージを送っており、正式発表間近となっている。

 ユベントスは13日のイタリアスーパー杯でラツィオに2-3で敗北。前線で気を吐いたディバラの2得点で一時同点としたものの、終了間際の失点で昨季に続いてタイトルを逃していた

 現状の主力はMFミラレム・ピャニッチ、MFサミ・ケディラだが、スーパー杯では機能せず、ラツィオに終始中盤を支配されていた。MFクラウディオ・マルキージオが控えにはいるものの、スーパー杯敗退によって、即戦力としてのマトゥイディに懸かる期待はより大きくなったといえる。


●欧州移籍情報2017-18

●セリエA2017-18特集