ウスマン・デンベレ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ボルシア・ドルトムントのハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOが、FWウスマン・デンベレに関するバルセロナ幹部の発言に反論した。『キッカー』が伝えている。

 バルセロナの幹部であるペップ・セグラ氏は現地時間16日、リバプールのMFフィリッペ・コウチーニョとデンベレの獲得に近付いていると話していた。だが、ヴァツケCEOは「1ミリも近付いてなどいない」と語り、完全に否定している。

 20歳のデンベレはバルセロナ移籍に前向きなようで、すでにドイツ国外にいるという噂も。ドルトムントは放出を望んでいないようだが、どのような結末を迎えるだろうか。

text by 編集部