出会いのチャンスはたくさんありますが、いつの時代も「友達の紹介」で出会う人は多いもの。仲の良い友達の友達を紹介してもらうのは、合コンやマッチングアプリを利用するよりも親しみと安心感がありますよね。とはいえなかには「なかなか友達に紹介してもらえない」という人もいるのではないでしょうか? もしかするとそれは友達が、あなたを紹介したくない理由があるのかもしれません……。

1. 元彼のことを引きずっている

「失恋した友達に頼まれて紹介したのに、紹介相手に『元カレのことが忘れられないんだよね』とか『元カレのときはこうだった』って元彼のことばかりを話していたらしい……。未練があるなら紹介してとか言わないで!」(20代/IT)

▽ 失恋直後に立ち直りたくて、紹介を頼む女性も多いのではないでしょうか? 前を向くのはいいことですが、紹介してもらった相手に元彼の話をえんえんと聞かせるのは失礼です。グチや弱音を言いたいのなら友達を選ぶべし。初対面の男性を相手に元彼の話をしても、当然ながらなぐさめてはくれません。まずは未練を断ち切ってから、紹介をお願いしましょう。

2. 男性に求める条件が細かい

「紹介してって言うから『この人どう?』って聞いてみたら、『身長低いからなぁ』とか『タバコを吸うからなぁ』とか、会ってもないのに文句ばかりをつけてきた。もう自分で探してください!」(20代/コンサル)

▽ せっかく紹介してもらったにも関わらず「こういうところが嫌」と細かく注文をつける女性は、友達をゲンナリさせてしまいます。心のなかで「高望みしすぎ」「自分を棚にあげすぎ」「条件をつけられるほど自分は完璧?」なんて思われてしまうことも。完璧な男性なんていません。いたとしても自分が選ばれるほどに価値があるかはわかりません。まずは相手の人間性を見るようにしましょう。

3. 女子力が低すぎる

「彼氏ほしいから誰か紹介してって頼んでくる友達。メイクもしていないし服もカジュアルだし、全体的に女子力が低いから紹介できない。紹介を頼む前にせめて女を磨いて!」(20代/学生)

▽ あまりにも女子力が低い女性も問題です。「紹介される女性」は一定レベルの基準を満たしてはじめて紹介されます。彼氏がほしいと言う前に、自分の女子力は「紹介したい」と思われるレベルを満たしているのか、また初対面の男性に会っても恥ずかしくない格好をしているのかどうかを振り返りましょう。

4. 紹介をしたあと感想やお礼がない

「彼氏ほしいなって言うからせっかく友達を紹介したのに、終わったあとの感想や報告がない子。こっちから聞くと『あーなんかイマイチだった』で終わる子。わざわざ紹介したのにその態度はない!」(20代/広告代理店)

▽ 紹介をされた側なのに、そのあとの報告やお礼がないとがっかりしてしまいます。最低限「この日に会って話をしたよ、紹介してくれてありがとう」という報告はするべき。うまくいかなかった場合でも紹介をしてもらった感謝の気持ちだけでも伝えましょう。人としてのマナーを守れない女性がステキな男性を紹介してもらえるほど世間は甘くありません。

「紹介したい」と思える女性には、最低限のマナーがあり人に紹介しても恥ずかしいと思われない人です。なかなか友達が紹介してくれないと嘆く前に、自身の言動を振り返ってみましょう。