16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、子どもにかばんを持たせるべきかどうかについて分析する記事が掲載された。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年8月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、子どもにかばんを持たせるべきかどうかについて分析する記事が掲載された。

教育分野の仕事に携わって17年という作者は、親たちに対して子どもにも家事をさせるようアドバイスしているという。生活でのいろいろな体験を通して子どもは自分でより良い方法を考え学んでいくからだ。

ところが作者によると、9割以上の保護者が放校後に子どもの迎えに来て子どものかばんを持ってあげているという。子どもが手ぶらで保護者の前を走り、保護者は子どものかばんを持って後からついてくるというのはよくある光景だと指摘した。

しかし、日本では状況が全く異なっているという。幼稚園の時から親は子どものために大小さまざまなかばんを用意し、すべて子ども自身に持たせていると紹介。日本の保護者は子どもに忍耐力や責任感を培わせることを重視していると称賛した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「日本に行ったことがあるが、日本の子どもは自立していて礼儀正しく、とてもいい教育だと思った」と、日本を称賛するコメントが寄せられた。

しかし、「中国の子どものかばんは本当に重いんだよ」「中国の子どものかばんがどれだけ重いか知らないからだ。大人が持ってもかなりずしりと来る」「日本の小学1年生や2年生のかばんがどれくらい重いか知らないが、中国の1、2年生のかばんは5キロ以上ある」など、かばんが重いゆえに大人が持つのは当然との意見が多数を占めた。(翻訳・編集/山中)