伸びしろ抜群!不景気でも「必ず幸せにしてくれる男性」の職業4選

写真拡大

【相談者:20代女性】
周りの友だちは結婚している子が多いのですが、あまり幸せな結婚生活を送れていません。
私は将来、ぜったいに幸せになりたい!私の理想を叶えてくれる男性と出会うことができればと望んでいます。

将来幸せを掴める男性と出会えるポイントを教えてください!

●将来的に伸びしろのある男性をゲットするのがポイント!

ご質問ありがとうございます。人間観察好きの物書き、ときわひでたかです。

不景気が続く日本。消費税の増税や年金がもらえるかどうか分からない不安とか、たくさんの心配事があることでしょう。
これから先の社会、真面目に働いているだけでは、幸せになれない時代といっても過言ではありません。

それでも、将来的に幸せを掴める男性と出会いたい女性の願望は変わらないはず。
そんなときは、伸びしろのある男性を見つけるように努力してみましょう。
伸びしろといわれてもあまりピンとこない人もいるはずです。

その答えは、将来的に需要の多い技術を持っている男性や、サラリーマンではなく自分自身で意思決定できるような若手経営者などの男性に注目することなのです。

そんな簡単に見つけられないよと嘆きたくなるかもしれませんが、探せば意外といるもの。
大きな会社の経営者ではなく、ベンチャー企業の若手経営者なら、会うこともそれほど難しくないはずです。

伸びしろのある男性と付き合ったことで、幸せな結婚生活を手にした先輩女性たちにインタビューしてみました。
未来の幸せを掴むヒントとしてご覧ください。

●(1)将来的に需要が高まるエンジニア

『エンジニアの彼と結婚しました。最初はベンチャー企業のSEだったのですが、上場企業へと転職し、大きなプロジェクトを任されることに。どんどん出世していく彼を眺めているのは爽快な気分でした。年収も同年代の男性に比べるとかなり多いほうだと思います。正直、勝ち組だと自負しています』(33歳/専業主婦)

これからの世の中、まだまだIT化が進んでいくことでしょう。
そしてIT業界全体を見渡してみると、エンジニアの数が足りていない現状もあります。
またエンジニアとして高い技術を持っていれば、世界中にその需要がある といっても過言ではありません。

仮に今は花が咲いていないエンジニアだとしても、彼を支えていく価値は充分にあると思います。
思わぬ企業からヘッドハントを受けるかもしれませんし、ベンチャー企業から世界に羽ばたいていくかもしれません。
エンジニアという職業に就いている男性は、間違いなく伸びしろのある男性といえるでしょう。

●(2)サラリーマンとは一線を画すベンチャー企業の経営者

『Webサービスを提供するベンチャー企業に就職したことがきっかけで、その会社の創業者と付き合うことに。最初はベンチャー企業の経営者ということから不安もありましたが、無事、会社は成長してくれて、今では満たされた生活を送っています』(30歳/Webプランナー)

会社を設立するハードルが下がってからというもの、若くして起業する人も以前より多くなっていることでしょう。
サラリーマンのほうが安定した立場のように感じますが、これからの時代は、企業に勤めているからといって安心はできません。

サラリーマンは自分で意思決定できない部分が大きく、社会や会社が不景気になってしまうと、その煽りをモロに食らってしまいます。
その点、企業の経営者なら、自分の判断で身の振り方を変えていけます。
また頭の良い経営者なら、不況の世の中でも逞しく生き抜いていく術を心得ている はずです。

ITやWeb業界には、若くして起業している人がたくさんいます。
また社長でなくとも、ベンチャー企業の幹部のポジションに就いている男性でも、充分伸びしろのある男性といえるでしょう。