ジエゴ・コスタ【写真:Getty Images】

写真拡大

 チェルシーのFWジエゴ・コスタが、自身の立ち位置を明確にした。チェルシーに戻らずアトレティコ・マドリーへ行くという声明を出したことを、英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 ジエゴ・コスタはチェルシーで構想外となっており、古巣アトレティコ・マドリーへの移籍を希望している。だが、アトレティコは今夏の移籍市場で同選手を獲得しても、補強禁止処分中のためシーズン前半戦は起用できない。

 それでも古巣復帰を確信するジエゴ・コスタは、「行き先はすでに決まっている。アトレティコ・マドリーに戻らなければいけない。チェルシーが手放してくれないという難しい状況だが、僕がスペインへ行くことでこの状況が解決に向かうと信じている」と述べた。

 アトレティコがジエゴ・コスタの獲得に4000万ポンド(約56億円)のオファーを準備しているという報道もあるが、いよいよ動きがあるだろうか。

text by 編集部