【先ヨミ】iKON『NEW KIDS:BEGIN』が3万枚超! 長渕剛の新ALが後を追う

写真拡大

 今週のCDアルバム売上レポートから8月14日〜8月16日までの集計が明らかとなり、iKONの『NEW KIDS:BEGIN』が31,436枚を売り上げて現在首位を走っている。

 【第58回 輝く!日本レコード大賞】にて最優秀新人賞を受賞したiKONのミニ・アルバム『NEW KIDS:BEGIN』は、1年ぶりの新曲「BLING BLING」、「B-DAY」に日本盤のみの楽曲「WORLDWIDE」、「PERFECT」とボーナストラック「MY TYPE REMIX (Acoustic Ver.)」が加わった全5曲11バージョンが収録。本作は、初動3日間で唯一3万枚以上を売り上げている。

 続く2位には、長渕剛の5年3か月ぶりとなるファン待望のアルバム『BLACK TRAIN』。本作は、5月に配信シングルとしてリリースされた「Loser」をはじめ、時代背景を色濃く反映した言葉やストーリーで、長渕らしさが存分に感じられる全曲書き下ろしの10曲が収録されている。8月22日に日本武道館にて一夜限りのプレミアム・ライブを控えていることもあり、本作のセールスも勢いが増すと思われる。次週発表の週間結果で『NEW KIDS:BEGIN』にどこまで追いつけるかに注目したい。

 また、3〜5位は約1,000枚差と僅差の争い。リリース2週目のV6『The ONES』が5,149枚を売り上げ3位、ats-,清水武仁&渡辺徹が作家を務めた劇判集『仮面ライダーエグゼイド TVサウンドトラック』が4,896枚を売り上げ4位、そしてNMB48『難波愛〜今、思うこと〜』はリリース3週目で4,186枚を売り上げ5位となっている。


◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(2017年8月14日〜8月16日までの集計)
1位『NEW KIDS:BEGIN』iKON 31,436枚
2位『BLACK TRAIN』長渕 剛 21,561枚
3位『The ONES』V6 5,149枚
4位『仮面ライダーエグゼイド  TVサウンドトラック』ats-,清水武仁&渡辺徹 4,896枚
5位『難波愛〜今、思うこと〜』NMB48 4,186枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。