横浜みなとみらいで8月9日から8月15日まで開催された「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」を見に行ってきました!「ピカチュウ大量発生チュウ!」は4年前から開催されていて、実は昨年も行なっており、みなとみらいがピカチュウ一色になるのを見ればポケモンのファンでなくても大興奮になること請け合いです。

みんなカメラ片手にピカチュウ撮影チュウ!

とにかく本当にみなとみらいの至る所にピカチュウが居るんです。桜木町駅もランドマークプラザもワールドポーターズも赤レンガ倉庫もマークイズもコスモワールドもどこもかしこもです。いつも行っている知った街の様子が一変するのは本当に異世界に来たような感じです。ずっとそこにありつづけるテーマパークよりも非日常感は強いのではないでしょうか。

また、各所ではイベントも用意されており、ステージショーが開催され、スタンプラリーやグッズ販売も行なわれていました。

さらに今年はポケモン GOのイベントも開催されており、まさにピカチュウが大量発生チュウという感じでした。

で、実際にどんな感じだったかと言うと、まずJRの最寄り駅となる桜木町駅の各所で、ピカチュウがお出迎えです。場所によっては駅長の格好をしたピカチュウも居て桜木町駅の中だけでも1時間くらいは平気でいれそうです。

桜木町駅の駅名標がピカチュウバージョンに。

上りと下りの裏と表で内容が違うのもニクイ演出です。

駅長に扮したピカチュウ。かわいすぎます。

駅を降りてすぎに、ピカチュウの大型バルーンが登場します。この大型バルーンはみなとみらいの各所にあり、それを見つける楽しみもあります。

桜木町駅前のピカチュウのバルーン。開催時間の10時より前に到着したので、まだ完全に空気が入っていませんでした。

ピカチュウの撮影ポイントです。耳まで含めると2メートル以上あるそこそこの大きさで、インスタ映えがします。

移動中にもたくさんのピカチュウが登場します。動く歩道やショッピングモールのガラス、日本丸の旗など、どこを見てもピカチュウ一色です。

桜木町駅からランドマーク方面に移動するのに利用できる動く歩道には、ピカチュウのタペストリーが柱ごとに掲示されています。ひとつひとつが違う柄なので、見入ってしまいます。

日本丸の旗もピカチュウバージョンに。

Queen's Squareの通路の窓にも大きなピカチュウのイラストが貼ってありました。

空や海まで制覇していました。空には無人の飛行船が飛び、海には水陸両用バスが走っていました。建物の中にもピカチュウのイベント会場やオブジェが並んでおり、どこに行ってもピカチュウです。残念ながら出会えず、撮影ができませんでしたが、地下鉄のみなとみらい線にはピカチュウのラッピングをした車両も走っておりました。

ピカチュウの飛行船。

ピカチュウラッピングの水陸両用バス。

ランドマークプラザでは、大きなピカチュウの顔の中にたくさんのピカチュウが入ったバルーンを展示。よく見るとメタモンが変身したピカチュウもいくつか入っています。

ポケモン GOのトレーナーも集結!

ポケモン GOのエリア「ポケモン GO PARK」も人気が高く、数多くの人が訪れていました。ヨーロッパでしか出現しないバリヤードが出現し、出現率が激低なわりに26種類以上いるアンノーンがゲットできるとあり、老若男女問わず、珍しいポケモンをGETすべくポケモン GOをプレイしていました。また、14日には日本大通りを使ってピカチュウ・カーニバル・パレードを開催。たくさんのピカチュウがダンスを踊りながらパレードし、一緒に踊りまくる楽しいイベントです。

ヨーロッパでしか出現しないバリヤード。今回のイベント期間中のみみなとみらいで出現しました。

リアルポケストップも登場!

通信環境を改善するために中継車やWi-Fiスポットの増設も行なわれていました。写真はソフトバンク。

ピカチュウ・カーニバル・パレードでは、100匹以上のピカチュウが登場し、ピカチュウカーニバルカーも登場。

日本大通りは大混雑! それでも超盛り上がりで、みなさん楽しんでいました。

ミュウツーをGETする『Pokémon GO STADIUM』

14日には横浜スタジアムで『Pokémon GO STADIUM』が開催されました。このイベントは事前に応募した人の中から抽選で参加することができ、伝説ポケモンのミュウツーがGETできるかもと話題になっていたものです。

横浜スタジアムがポケモン GOスタジアムに!

スタジアム内にはチーム毎のオフィシャルグッズも販売されていました。

シカゴでのイベントに次ぐ、ポケモン GOの大規模イベントとあって、会場周辺はすごい熱気です。ピカチュウTシャツや、被り物をしている人も多数見受けられました。

ミュウツーが画面に登場すると、「おお〜!」と歓声が!

会場内は15分入れ替え制、レイドバトルでミュウツーと闘うという流れです。レイドバトルは人数が集まらないとなかなか手こずってしまいますが、この日は会場にたくさんの人が集まっていたので、あっという間にバトルの仲間は20人になります。

うおお!20人!しかし自分のポケモンがいまひとつ弱い……。

ミュウツーとのバトル!がんばれ、俺のギャラドス!!

スタジアムに集まった中には記者のようにトレーナーレベルが30未満の人もいましたが、30以上の猛者たちが一緒なので、スムーズに闘えました。猛者たちよ、ありがとう!このように周囲の人たちと協力してプレイができるのは、レイドバトルの魅力ですね。

会場では司会の方が盛り上げていました。

ピカチュウたちも応援に来ていたよ!

闘い終わって、ボールを投げてミュウツーをGETするのですが、通常の伝説ポケモンの捕獲率の低さに比べたら、超絶簡単に入手できました。ボールの数も50個(普段は6個〜10個くらい)……いつもあんなに逃げられているのに……今回は来場者全員に楽しんでもらいたい、というポケモン社さんとNIANTICさんの優しさが見え隠れする設定でした。

ミュウツーGETできたああああ!

メダルもGETできたああああ!

シカゴのイベントでは通信にトラブルが起きてしまったポケモン GOイベントですが、この会場ではとてもスムーズにプレイができました。数百人が集まって一斉にバトルをする……この通信に負荷がめちゃめちゃかかる状況を支えてくれていたのは、通信会社の方々。日本でのイベントが無事に終了したのは、この方たちのおかげでもあります。

現地の通信状況を支えていた、ソフトバンクのみなさん。ポケモン GOパークは音楽フェス以上の通信量だったとか。ありがとうございました!

なお、ミュウツーは今後EXレイドバトルという特別なレイドバトルに登場するそうです。ポケモン GOのツイッターやFacebokをチェックですね。

スタジアムの帰り道みなとみらいまで歩くと、1年前のポケモン GOがリリースされた直後のごとく、たくさんの人がポケモン GOをプレイしていました。ピカチュウがとにかく何度も出てきて、嬉しいけど玉切れ……一部では色違いのピカチュウも出現していたそうですよ。

うわー、ピカチュウまた出たよ!今回初めて、つかまえたピカチュウを博士に送るという行為をしました……。

みなとみらいがピカチュウのテーマパークになったがごとく、ピカチュウだらけのイベントでした。とにかくかわいいピカチュウがそこかしこにいて、何かイベントに参加していなくても見ているだけで癒される空間です。しかも、入場料もないうえ、イベント参加費もなし。ちょっとこれを超えるイベントは他にはないかなぁって思えるほどでした。たぶん、来年もやると思うので、今年行きそびれてしまった人は是非モノですよ。

 ⓒ2017 Niantic, Inc. ⓒ2017 Pokémon. ⓒ1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。