7月の訪日台湾人、約45万人  単月過去最多を更新

写真拡大 (全2枚)

(東京 17日 中央社)日本政府観光局(JNTO)が16 日に発表した7月の訪日外国人客数(推計値)によると、台湾からの訪日客数は前年同月比12.5%増の44万6600人となり、単月として過去最高を記録した。国・地域別では中国大陸と韓国に次いで3位だった。

7月の訪日外国人客数は268万1500人で、単月過去最高。台湾のほか、中国大陸、韓国、香港からの訪日客数も単月として過去最高となった。

同局は、多くの国や地域で夏季休暇シーズンを迎え、旅行需要が高まったことが訪日客数増加の一因と分析。台湾については、夏季の旅行需要が高まる時期に合わせた訪日クルーズの複数催行や地方へのチャーター便運行などが後押ししたとしている。

(黄名璽/編集:楊千慧)