▽ロアッソ熊本は17日、徳島ヴォルティスのMF木村祐志(29)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2017年8月16日から2018年1月31日までとなり、期間中は徳島と対戦するすべての公式戦に出場できない。

▽川崎フロンターレの下部組織出身である木村は2006年に同チームでデビュー。その後はギラヴァンツ北九州、大分トリニータなど九州のチームを渡り歩き、2015年に徳島に加入した。今シーズンの明治安田生命J2リーグでは4試合に出場している。

▽木村は熊本の公式サイト上でコメントを残した。

「シーズン途中での期限付き移籍となりますが、自分の経験を活かしてロアッソ熊本のために全力でプレーしたいと思います。自分の特徴である、ボールに多く触りながら散らしたり、決定的な仕事をしたりというプレーを上手く出して、チームを勝たせられるようにしたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

▽また、徳島の公式サイト上では次のようにコメントしている。

「J1昇格を目標にして戦っているシーズンの途中で申し訳ない気持ちもありますが、ロアッソ熊本からオファーをいただき、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く、移籍することを決めました。2年半の間、ファン・サポーターのみなさんからすごく応援していただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。チームが良いシーズンを送っていますので、徳島ヴォルティスがJ1昇格出来るように陰ながら応援しています」