IKEA Norwayのフェイスブックより

写真拡大

 「イケア(IKEA)」で市販されているシープスキンのラグが、アメリカで人気のTVシリーズに登場し話題を集めている。
 注目されたのは、全世界でカルト的な人気を集め現在アメリカで第7シーズンが放送中の「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」の衣装。番組の衣装担当者が、主要登場人物ジョン・スノウの防寒用のファーケープにイケアのラグを使っていることを告白した事から、ファンの間で話題になった。1話あたりの制作費が10億円にのぼると言われている番組だが、身近でリーズナブルなイケアの家庭用品が衣装に使われていたことが制作秘話として関心を引いた。羊皮とウール素材のラグは「SKOLD」「LUDDE」の商品名で日本でも展開しており、税込5,999円〜6,999円で購入することができる。 これを受けてノルウェーのイケアではラグを豪華なファーケープに変身させる説明書をフェイスブック上に公開。イケア製品の組み立てを解説する説明書を模しており、首部分をハサミで切り抜き4ステップでケープが完成する様子をアイロニックにイラストで紹介している。イケアはこれまでにも「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が青いショッパーを模した商品を発表した際に、「本物のIKEA FRAKTAバッグの見分け方」と題したビジュアルを制作するなど、社会現象に対しての"ユーモアの効いた返し"が反響を呼んでいる。