内蔵レシピは150!時短にもなる自動調理器がバージョンアップ

写真拡大

SNSや料理動画で見るような、ちょっと洒落た“おうちごはん”が食べたい! でもレシピがわからないし、そもそも作る時間も調理道具もない…という人、多いのではないでしょうか? でもあきらめるのはまだ早いですよ! ティファールの「Cook4me(クックフォーミー)」は、普通の鍋で作るより半分以下の時間で簡単に「豚肉の角煮」や「カレーピラフ」などの手の込んだ料理が作れる“時短調理家電”。圧力調理、蒸す、炒める、煮込むといった4つの調理方法がこれひとつで火を使わずにできちゃいます。

そんな「クックフォーミー」がバージョンアップし「Cook4me Express(クックフォーミー エクスプレス)」として10月に発売されます。使いやすさを追求した新デザインのほか、内臓レシピ数が2.5倍の150に増えました。しかもそのうち136ものレシピが15分以内でできるレシピなんて、時短調理の強い味方になってくれそうです!

ティファールから発売された「Cook4me(クックフォーミー)」は、火を使わずボタンひとつで料理の手順をナビしてくれる自動調理鍋です。どのレシピを何人分作るかを選び、材料を用意してナビ通りに調理、あとは待つだけで完成! とにかく簡単です。

レシピによっては事前に炒めるなどの作業が必要ですが、クックフォーミー本体の鍋でできるので洗いものも増えません。圧力調理ができるので、一般的な鍋だと1時間以上かかる「角煮」もクックフォーミーを使えば38分で完成! 圧力調理以外にも、蒸す、炒める、煮込むといった4つの調理方法ができるため、作れる料理の幅が広いのも魅力です。火を使わずタイマー設定も可能なので、調理している間もキッチンにつきっきりでなくても大丈夫。時短なうえにほったらかしができて、ちょっとテレビを見ているうちに一品完成! これだけ手軽なら、帰宅後に夕飯を作るのも苦じゃなくなりますね。

そして「Cook4me Express(クックフォーミー エクスプレス)」の魅力は、なんと言っても時短レシピが大幅に増えたこと。 料理研究家の井上真里恵さん監修のもと、内蔵レシピ数がこれまでの60から2.5倍の150になりました。しかも、そのほとんどが圧力調理時間15分以内の時短レシピ。骨付き肉でつくる「スペアリブ」だって15分の圧力調理でできちゃいます。そのほか、季節の料理もこれ一台でラクラク調理。6Lの内なべでたっぷり作れるので、自分や家族用の日々のご飯はもちろん、つくりおきだってお手のもの。これだけ手軽なら、毎日作るのが楽しみになりそうですね。

価格は6万円と決して安くはないですが、圧力鍋やスチーマーなど一式買い揃えることを考えたらコスト的にもスペース的にも妥当かも。料理に自信がない人でも「クックフォーミー エクスプレス」なら、いい相棒となってくれること間違いなし。これを機に“おうちごはん”をはじめてみませんか?

>> ティファール

 

(文/&GP編集部)