全日空商事は、シンガポール・チャンギ国際空港ターミナル2の搭乗ゲート前ロビーエリアに、日本食の飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を11月上旬にグランドオープンする。

広さは721平方メートル。ラーメンや丼ものなどを提供する6店舗が出店する。席数は約290席。ターミナル2は全日空(ANA)を含む31社が発着しており、利用者数は年間2,040万人。

全日空商事では、現地パートナーとともに、JAPAN GOURMET HALL SORAの運営を行うSG RETAIL PARTNERS社を設立している。資本金は150万シンガポールドル(約1.2億円)。全日空商事が60%、現地パートナーが40%を出資する。

全日空商事は2015年より、シンガポール市内の商業施設「SUNTEC CITY」で日本食の飲食エリア「Eat at 7」を合弁会社を通じて運営しており、チャンギ国際空港の「JAPAN GOURMET HALL SORA」の運営を通じてノウハウを蓄積し、海外でのリテール事業の展開を加速する。