画像は宇宙線研究所のTwitterアカウント(@ICRRpr)より

写真拡大

日本のノーベル物理学賞受賞につながった素粒子・ニュートリノの観測装置「スーパーカミオカンデ」の一般公開が今年も行われる。開催は、2017年11月4日(土)。

【ニュートリノの観測装置「スーパーカミオカンデ」、1日だけ一般公開 定員は300名の画像・動画をすべて見る】

募集は9月4日(月)開始、定員は300人だ。

ただし、よく「スーパーカミオカンデ」の報道で使われているおなじみの水タンク、スーパーカミオカンデ検出器の内部には入れない。

日本人のノーベル物理学賞受賞につながったニュートリノ観測装置



1996年4月より観測を開始した、岐阜県飛騨市にある世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置・スーパーカミオカンデ。

実験は、東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設を中心に、日本やアメリカ、韓国、中国、ポーランドなど約40の大学や研究機関との共同研究で行われている。

「水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置」と言われても何のことかわからないかもしれないが、このスーパーカミオカンデでの実験によって、宇宙線研究所の所長・梶田隆章さんがニュートリノに質量があることを突き止めた業績によって2015年度のノーベル物理学賞を受賞したと聞けばピンと来るはず。

世界に名だたる業績の礎になっている「スーパーカミオカンデ」の一般公開は、恒例行事として開催されているが、特にノーベル賞貢献以降はさらに注目度が高く、応募者多数の場合は抽選となる。

昨年開催の様子も公式サイト上で公開されている(外部リンク)。興味がある人は募集要項をよく読んで応募しよう。