趙報道官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は17日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が北朝鮮の核のレッドライン(越えてはならない一線)は「「ICBM(大陸間弾道ミサイル)を完成させ、これに核弾頭を搭載して兵器とすること」と述べたことについて、北朝鮮の核能力の高度化が深刻だとの認識に基づくと説明した。

 同部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官はこの日の定例会見で、就任100日を迎えた文大統領が記者会見で「レッドライン」に対し異例とも言える具体的言及を行った背景について「北の核能力の高度化が急速に進んでいる状況の重大性と、緊急性に対する深刻な認識を基に発言したとみている」と述べた。

 「レッドライン」について米国と共有しているかについて問われると、「基本的に北や北の核問題に関して、韓米は全ての分野で緊密に疎通し、協議し、協力している」と答えた。

 北朝鮮がレッドラインを越えた際の対応については、「私のレベルでお話すること以上の質問だ」と言及を避けた。

 また趙報道官は、北朝鮮の挑発中断が対話の条件かとの質問に「韓国と米国は平和的なやり方で北の核を完全に廃棄することを目標にしている」とし、「このような目標の下、北の挑発に断固として対応しながら、北が挑発をやめて緊張緩和と非核化のための対話の道に進むための努力を引き続き行っている」と説明した。