バルセロナ、コウチーニョ&O・デンベレ獲得目前? クラブSDが明言

写真拡大

▽バルセロナのスポーツディレクターを務めるペップ・セグラ氏が、リバプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(25)とドルトムントに所属するフランス代表MFウスマーヌ・デンベレ(20)の獲得に近づいていることを明かした。イギリス『デイリー・ミラー』がスペインのテレビ局『TV3』でのインタビューを引用して伝えている。

▽バルセロナは今夏の移籍市場でトリデンテの1つとして君臨したブラジル代表FWネイマールが、パリ・サンジェルマンに移籍した。その補強が急務となっている中、かねてよりコウチーニョとO・デンベレへの興味が囁かれている。

▽そうした中で、バルセロナはネイマールの放出によって受け取った移籍金2億2200万ポンド(約314億4600万円)を使って両選手の獲得を試みているようだ。『デイリー・ミラー』によるとコウチーニョの獲得に向けては1億2000万ポンド(約170億円)、O・デンベレの獲得には1億1800万ポンド(約167億2500万円)での獲得を目指しているようだ。

▽補強に関する報道を受けて、ペップ・セグラ氏は、クラブが両選手に対してすでに接触していることを明言。また、バルセロナ加入の実現へ近づいていると自信をあらわにしている。

「我々はコウチーニョとデンベレの獲得に近づいている。条件についても話している。ただ、いつ頃成立するかはまだはっきりとは言えないね」

「彼らが今シーズン、バルセロナのプレーヤーになってくれることを望んでいるよ」