徳島MF木村祐志(左)が熊本に期限付き移籍

写真拡大

 ロアッソ熊本は17日、徳島ヴォルティスのMF木村祐志(29)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2017年8月16日から2018年1月31日まで。契約により、徳島と対戦する全ての公式試合に出場できない。

 木村は2015年に大分から徳島に加入し、初年度にJ2リーグ戦30試合で5得点を記録。2年目も41試合3得点と活躍したが、今季はここまで4試合の出場にとどまっていた。

 新天地でプレーするにあたり、熊本のクラブ公式サイトを通じて「自分の特徴である、ボールに多く触りながら散らしたり、決定的な仕事をしたりというプレーを上手く出して、チームを勝たせられるようにしたいと思います」と意気込みを語っている。

 また、徳島に対しては「J1昇格を目標にして戦っているシーズンの途中で申し訳ない気持ちもありますが、ロアッソ熊本からオファーをいただき、自分の中でチャレンジしたいという気持ちが強く、移籍することを決めました」とコメント。約2年半を過ごした古巣に「チームが良いシーズンを送っていますので、徳島ヴォルティスがJ1昇格出来るように陰ながら応援しています」とエールを送った。

以下、クラブ発表プロフィール

●MF木村祐志

(きむら・ゆうじ)

■生年月日

1987年10月5日(29歳)

■出身地

東京都

■身長/体重

177cm/70kg

■所属チーム歴

川崎F U-15-川崎F U-18-川崎F-北九州-大分-徳島

■出場歴

J1リーグ:31試合1得点

J2リーグ:175試合11得点

カップ戦:5試合

天皇杯:16試合2得点


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ