素晴らしいゴールを決めたアセンシオ

写真拡大

レアル・マドリード加入後初のシーズンにジネディーヌ・ジダンが与えたチャンスをマルコ・アセンシオはフルに活用している。これまで決めたゴールに、UEFAスーパーカップのゴールがあるが、その後コパ・デル・レイのセビージャ戦でもそのゴールの才能を見せつけた。

【関連記事:偉業 バルサの不動SBアルバ】

マヨルカ島出身のMFマルコ・アセンシオは2014年夏、バルサに加入寸前だった。当時在籍していたマヨルカとバルサはほぼ完全合意に達していた。アセンシオはバルサ加入を熱望しており、自らバルセロナを訪れるなどしていた。
当時アセンシオはスペインサッカー界のホープとしての評価を確立しており、複数のクラブがその獲得を狙っていた。

バルサは一歩先にアセンシオを獲得しようとしていた。移籍金は450万ユーロ(約5億8,000万ユーロ)で、当時バルサがこの金額を報償金により減額しようとしていたのが信じられない。マヨルカは移籍金全額の一括払いを希望していた。そこでバルサの幹部アンドーニ・スビサレタとアントニ・ロッシはアセンシオ獲得を諦めてしまったのだ。

こうして交渉は決裂した。しかも、その直後にバルサはドウグラス獲得に550万ユーロ(約7億1,000万ユーロ)をつぎ込んでいるから訳が分からない。2年後にドウグラスはFCバルセロナ史上最も嘆くべく移籍のケースとなった。その一方でアセンシオは弱冠20歳にしてゴラッソを決め続けているのだ。