食糞が止まらず悩み続ける日々

今回のお悩みの子はシーズー(6歳)です。食糞が始まったのは1歳の時でした。
最初は、たまたまかと思い見過ごしていました。しかし、日に日に食糞行為は増し、仕事から帰ってくると、排泄の後があるしまつ。こんな生活が1年間以上続きました。
しかし、衛生面を考慮し治そうと決意しました。ここから、食糞治しの戦いが始まります。

なかなか原因が分からず迷宮に

まずは、犬に関する本を数冊読んで原因を探る事にしました。本にはこう書いてある事をまとめると、大まかに次の通りです。

“味しい物と勘違いしてる△竿嗄未足りない、または合わない叱られた事で証拠隠滅をしてるけ親杏埖、つまらないからセ瑤ぜ腓騒ぎ立てた事で食糞が楽しいκ貔本能(親犬が仔犬の排泄を処理する)

です。

これを元に、原因を追及していきました。
しかし、、、

“味しい物と勘違いしてる

当てはまらない。
排泄を全て食べるはほとんどなく、もし、美味しい物と理解しているなら、全て食べるだろうと判断しました。また、食糞防止剤も効果なし。

△竿嗄未足りない、または合わない

当てはまらない。
排泄の状態は良好で、ご飯の配分にもパッケージの表示を見ながらあげていました。

叱られた事で証拠隠滅をしてる

当てはまらない。
少なくとも、排泄関係で叱った事は一切ありませんでした。吠えで叱った事は少しありますが、排泄と結びつけるのは無理があると判断しました。

け親杏埖、つまらないから

当てはまらない。
毎朝夜、30分以上散歩しており、帰ったら爆睡するほどでした。

セ瑤ぜ腓騒ぎ立てた事で食糞が楽しい

当てはまらない。
騒ぎ立てた事は全くありません。常に黙々とお掃除していました。

κ貔本能(親犬が仔犬の排泄を処理する)

当てはまらない。
出産経験が無いため、可能性はないと判断しました。

そう、本に書いてある事にどれも当てはまらなかったのです。

友人の以外な一言であっさり解決

それはある日、友人を自宅に招いた時でした。犬好きな友人という事もあり、うちのシーズーと楽しそうに遊んでいました。そんな中、いつも排泄。いつものように、おトイレセットを用意し片付け始めた自分に、友人がこう声をかけました。

「犬なんだから排泄するのは当たり前だよ、そんなテンション下げるなって」

私はこの一言で原因をようやく理解しました。

犬はあなたの内面を見ている

単刀直入に言いましょう。食糞の原因は、「排泄処理をする私の嫌がる顔、暗い雰囲気」を察し、排泄と結びつけていました。つまり「排泄→飼い主が嫌悪になる→排泄のせいだから無くしちゃえ(食糞)」というサイクルです。

にわかに信じられませんが、思いあたる原因がそれしかありませんでした。他に考えもなかったので、これが原因と仮定して取り組みました。

対処法は至って簡単

私がやった事はいたってシンプル。排泄の片付けを楽しみながらやりました。また、帰宅後に残された排泄を見ても嫌な顔せずに、排泄がある状態をほめました。
それから経つ事1年半、なんと食糞は9割無くなりました。そしてトレーニングを初めて2年経つころは、食糞は完全になくなりました。

最後に

私は今回「犬は人をよくみる」、「犬は人の鏡」という事を改めて実感しました。私は食糞という問題を通して気づく事ができましたが、みなさんはどうでしょうか?愛犬が問題行動を起こしたそんな時こそ、深呼吸し、愛犬のせいにせず、自分自身の状態を見つめていただければ幸いです。