【警告】町田=松本(45分) 名古屋=なし
【退場】町田=平戸(89分)
【MAN OF THE MATCH】ガブリエル・ シャビエル(名古屋)

写真拡大 (全4枚)

[J2リーグ28節]町田3-4名古屋/8月16日(水)/町田
 
【チーム採点・寸評】
町田 6
アグレッシブに試合の入り先制点を奪ったが、次第に名古屋のパスワークに翻弄されると、前半で計3失点。しかし、後半は相手を押し込む展開のなかで一度は追い付くなど、最後まで意地は見せた。
 
【町田|採点・寸評】 
GK
21 高原寿康 6
守護神のファインセーブがなければ、同点に追い付く展開にはならなかった。試合を壊さぬ働き。
 
DF
2 奥山政幸 5.5
不用意なミスもあったが、絞った守備で決定機を阻止。地味に先制点にも絡んだ。
 
5 深津康太 5
1失点目はラインコントロールの不備、3失点目はマークに付き切れず、計4失点の遠因に。
 
3 藤井航大 5.5
シンプルなロングボールが効果的に働く場面も。守備では身体を張ったが、3失点は反省材料。
 
19 松本怜大 5
前半から鋭いクロスボールでチャンスを演出。前半途中からは相手の標的となった。
 
MF
32 戸高弘貴 6
機を見てゴール前に顔を出し、1得点を奪取。プレスバックからの守備も光っていた。
 
15 井上裕大 6
弾丸ミドルで2試合連続ゴール。守備で後手に回ることも。
29 森村昂太 5.5(83分OUT)
アタッキングエリアで危険なシュートを放ち、攻撃にアクセントを加えていた。
 
18 平戸太貴 6
開始早々に右足のミドルシュートを決める先制点の活躍。退場はアンラッキーだった。
 
FW
7 吉田眞紀人 5.5(HT OUT)
前から積極的にチェイシングも、時間を追うごとにファウル過多に。無念の途中交代。
 
30 中島裕希 6(90+4分)
特に後半はサイドの深い位置で起点を作り、反撃の機運を作り出すことに貢献していた。
 
交代出場
FW
9 鈴木孝司 6(HT IN)
今季最長の出場時間。前から相手に圧力をかけ、スペースを突いた起点作りで同点劇につなげた。
 
MF
14 吉濱遼平 -(83分IN)
勝ちに行くメッセージの担い手として投入された。見せ場を作るまであと一歩だった
 
FW
23 戸島 章 -(90+4分IN)
最前線のパワープレー要員として投入。さすがに時間が短過ぎたか、ボールにあまり触れず。
 
監督
相馬直樹 5.5
名古屋に真っ向勝負を挑み、惜敗。選手の奮闘を采配で勝たせられずに猛省していた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
名古屋 6.5
4ゴールに絡んだG・シャビエルの活躍は鮮烈で、チームのなかで彼の個性を生かす戦い方ができたのも高く評価できる。失点数を攻撃力でカバーする稀有なチームらしい勝ち方だった。
 
【名古屋|採点・寸評】 
GK
楢粼正剛 6
さすがのファインセーブで要所を締める。傷口を広げないことでチームの勝利に貢献。
 
DF
宮原和也 5.5
押し込まれた時間帯はスペースも埋められず人にも付けず。後半は苦戦を強いられた。
 
新井一耀 6.5
セットプレーから逆転ゴールを奪取。危機察知を生かしたディフェンスが光る場面も。
 
ワシントン 5.5
前半の途中からボランチへポジションチェンジ。井上のミドルシュートの際には寄せ切れず。
 
秋山陽介 5.5
前半は好機を作るなど主導権を握っていたが、後半は後手に回る場面が多くなっていった。
 
MF
青木亮太 7
4点目につながるFK獲得に追加点奪取。4試合連続ゴールを挙げ、G・シャビエルとともに勝利に貢献したひとり。
 
小林裕紀 6