イギリスのアストンマーティン、イタリアのザガートのコラボであるヴァンキッシュ ザガート ヴォランテの世界デビューに続き、ヴァンキッシュ・ザガート・スパイダー、ヴァンキッシュ・ザガート・シューティングブレークの生産が開始されることが発表されました。

全4モデルからなる「ヴァンキッシュ・ザガート」シリーズの生産台数はわずか325台で、最初に発表されたクーペは、2016年末にラインオフされています。

その後、ヴォランテが生産され、生産台数はクーペと同じく99台(すべて完売)、生産および納車は2018年に完了する予定だそう。今回、生産開始が発表された2モデルのうち、28台しか生産されないスパイダーは、最もレアなモデル。

過去のアストンマーティンも含めても非常に貴重なコレクターズ・アイテムとなり、こちらもすべて完売だそうで、2018年内の納車が予定されています。そして「ヴァンキッシュ・ザガート」の4モデルを締めくくる存在として、シューティングブレークも2018年に生産を開始。予定されている生産台数は、クーペとヴォランテと同じ99台です。

「ヴァンキッシュS」をベースに仕立てられたザガートの4モデルは、600psを発生するV12のNAエンジンに、スムーズなシフトを実現するTouchtronic掘淵織奪船肇蹈縫奪)トランスミッションの組み合わせ。

各モデルの特性に合わせてファインチューニングされたアダプティブ・ダンピングにより、刺激的な走りを提供するとしています。同シリーズの中でも究極形と位置づけられるのが、スパイダーとシューティングブレーク。スパイダーは、ザガートの象徴である「ダブル・バブル」ルーフが表現されていて、ボディパネルはすべてカーボンファイバー製が採用されています。

2シーターのシューティングブレークは、個性と実用性の両立が図られていて、こちらも「ダブル・バブル」デザインが採用し、コックピットに光を導くガラスインレイを装着。

ザガートの最高経営責任者(CEO)のアンドレア・ザガート氏は「アストンマーティンとザガートの関係は、約60年前、私の祖父とDB4 GT ザガートで始まりました。今回、異なる4タイプのヴァンキッシュ・ザガートのデザインを緊密に連携させる作業は、挑戦そのものでした。私は、祖父が始めたストーリーを継続することに誇りを感じるとともに、アストンマーティンとのパートナーシップによって、このようなエキサイティングなクルマを生み出し続けていることに感動を覚えています」とコメントしています。

(塚田勝弘)

限定28台&99台!アストンマーティン史上最もレアな2モデルの生産を開始(http://clicccar.com/2017/08/17/502114/)