こむら返りは痛いものだ。激痛と言ってもいいかも知れない。

そんなこむら返りの最中に、自分のふくらはぎの様子を冷静に撮影した猛者がいる。

痙攣する筋肉がまるでエイリアン

8月4日にFacebookに投稿されたそのビデオに映っているのは、一人の男性のふくらはぎ。こむら返りを起こしている。投稿者は米国カリフォルニア州のAngel Bermudezという男性だ。彼はFacebookにこう書き込んでいる。

「ワークアウトを終えてリラックスし始めたとたんにこれが起こった。こむら返りめ。いまいましいこいつを見てくれ。痛いかって? そりゃ痛いさ」

そこに映っているのは、不気味とも言える筋肉の痙攣だ。まるで皮膚の下にエイリアンの赤ちゃんが蠢いているよう。見るに耐えないが、それでも目が離せない。

Angel Bermudez/Facebook

↑ 伸ばした足にこむら返りが始まる。ふくらはぎの筋肉がピクピクと勝手に動きだす。

Angel Bermudez/Facebook

↑ 「これがこむら返りの様子だよ。オー・マイ・ゴッド、止まりやしない」というBermudezさんの声が聞こえる。

衝撃を受けたFacebookユーザーたち

投稿後3日ほどで視聴回数1,200万回を超えたこのビデオは、ユーザーたちに衝撃を与えたようだ。

あるユーザーは痛みに耐えるBermudezさんに同情し、「神様、どうか彼のこむら返りを止めてあげて。見ているだけで私の足も痛くなる」とコメントしている。

「よく叫び出さないでいられるわ。私が1度こむら返りを起こした時、あまりの痛さに文字通り泣き叫んだわ」と言うユーザーも。

また、奇怪な筋肉の動きに驚いた1人は、「エイリアンの赤ちゃんが皮膚を破って出て来ようとしているみたいだ」と書き込んでいる。

専門家によれば、ハードな運動の後や水分が不足したとき、マグネシウムやポタシウムが不足したときなどに酷いこむら返りが起こりやすいそうだ。