「しそ風味とろろの豆乳めんつゆうどん」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:市瀬悦子 撮影:福尾美雪

写真拡大

女性ホルモンの働きを整えてくれるイソフラボンが豊富な豆乳は、特に女性は積極的に摂りたい食材のひとつ。今回は、そんな豆乳入りのたれで食べる麺料理をご紹介。まろやかな豆乳で、たれのコクやクリーミーさをアップしましょう。

ほかにもいっぱい!「豆乳を使ったレシピ」をチェック!

■ 【しそ風味とろろの豆乳めんつゆうどん】(346Kcal、塩分3.5g)

<材料・2人分>

冷凍うどん 2玉、長いも 10cm(約200g)、青じそ 4枚、水菜 1/2株(約20g)、しそ風味ふりかけ 大さじ1/2、豆乳めんつゆ(豆乳[成分無調整] 1/2カップ、めんつゆ[3倍濃縮] 大さじ3と1/2)

<作り方>

1. 冷凍うどんは袋の表示どおりに電子レンジで加熱する。冷水にとって冷やし、水けをきって器に盛る。

2. 長いもはすりおろしてしそ風味ふりかけを混ぜる。しそはせん切り、水菜は5cm長さに切る。

3. 豆乳めんつゆの材料を混ぜて1にかけ、2をのせる。

しそのさわやかな香りがきいた、夏でも食べやすい1品。よくかき混ぜるのが、おいしくいただくポイントです。

■ 【まんぷく肉そうめん】

肉は火を通しすぎるとかたくなってしまいます。汁が煮立ったところに加えて、さっと煮からめましょう。

■ 【豆乳みそそうめん】

麺をゆでた汁をとっておき、そのまま豚肉をゆでれば時短になります。みそと豆乳は相性もバッチリ。

■ 【バンバンジー豆乳冷麺】

たれを作る時に、豆乳は最後に加えましょう。むらができにくく、味のなじみがよくなります。

■ 【豆乳ナムルそうめん】

パプリカやズッキーニ、もやしなどの野菜をモリモリ食べられます。暑い季節に食べたくなる、ピリっと辛い味つけ。

みそや長いもなど、どんな食材ともなじむ豆乳を使って、いつもの麺料理を新鮮に味わってみて。