コウチーニョ&デンベレ獲得に「近づいている」 バルサ幹部が“ダブル補強間近”と主張

写真拡大

強化部のセグラ氏が地元TV局に語る 「我々はチームを強化する必要がある」

 バルセロナは16日に敵地で行われたスペイン・スーパーカップ第2戦でレアル・マドリードに0-2と完敗し、2戦合計1-5と圧倒された。

 充実の時を迎えている宿敵を前に、今夏パリ・サンジェルマン(PSG)に去ったブラジル代表FWネイマールの穴を感じさせる戦いぶりとなったが、バルサ強化部は逆襲への一手として、リバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョと、ドルトムントのフランス代表MFウスマン・デンベレの獲得に「近づいている」と主張している。地元テレビ局「TV3」が報じた。

 ネイマールのPSG移籍を引き留められず、その後釜をいまだ補強できないバルセロナ。ブラジル代表MFパウリーニョの獲得を巡ってはジョゼップ・マリア・バルトメウ会長に対する非難の声も上がっているが、バルサ強化部を代表してスポーツマネジャーのペップ・セグラ氏が補強の現状を語った。

「我々はチームを強化する必要があると知っている。今後数日も我々が継続しなければいけないことだ。我々はチームを救わなければいけない。(コウチーニョとデンベレ?)我々は近づいている。条件面について話し合っている。全てが完了するまで、我々はそれ以上言えない。彼らがバルサのユニフォームを着ることを願っている」

 現時点ではリバプールもドルトムントも放出に否定的な姿勢を見せているが、コウチーニョとデンベレは所属クラブに移籍を志願。試合のメンバーから外れるなど、強硬な姿勢に出ている。近年は補強に失敗気味のバルセロナ強化部は、リバプールやドルトムントとの関係悪化も辞さず、両選手の獲得に近づいているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images