小鯛竜也を下し、2回戦に進出した片山晋呉(提供:大会事務局)

写真拡大

<ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯 初日◇17日◇恵庭CC>
国内男子のツアー外競技「ネスレインビテーショナル 日本プロゴルフマッチプレー選手権 レクサス杯」。本日17日(木)、選ばれし32人による1回戦が行われた。
“月収1億円”のシンデレラマン、時松隆光
大会ホストの片山晋呉は飛ばし屋・小鯛竜也と対戦。序盤は優位に試合を進めた片山だったが、前半8番パー3でオールスクエアに戻されると、後半は息詰まるシーソーゲームに。結局、14番でリードした片山が残り4ホールをしのぎ切り勝利を収めた。
昨年覇者の時松隆光は今季1勝を挙げている宮本勝昌と対決。出だし1番で幸先良くリードを奪うものの、2番からは3連続で得点を奪われる苦しい展開に。それでも前半7番でオールスクエアに戻す意地を見せるが、後半にチャージをかけた宮本に振り切られ、初日で姿を消すこととなった。
その他、小平智、宮里優作、武藤俊憲らが2回戦に進出。また、藤本佳則も薗田峻輔との同級生対決を制し、2日目に駒を進めている。
【初日の結果】※○が勝者
○片山晋呉 1UP 小鯛竜也 
○大堀裕次郎 5&4 藤田寛之
○小平智 4&3 山下和宏
○松村道央 2&1 片岡大育
○川村昌弘 4&3 丸山大輔
○市原弘大 5&4 高山忠洋
○宮里優作 5&3 塚田陽亮
○重永亜斗夢 1UP 小田孔明
○小池一平 3&2 近藤共弘
○稲森佑貴 1UP 深堀圭一郎
○小田龍一 4&2 永野竜太郎
○藤本佳則 3&2 薗田峻輔
○久保谷健一 2UP 竹谷佳孝
○武藤俊憲 4UP 今平周吾
○宮本勝昌 3UP 時松隆光
○谷口徹 3&1 香妻陣一朗
<ゴルフ情報ALBA.Net>

来日中のトム・ワトソンが松山英樹を賞賛「彼は“フルツールボックス”」
片山晋呉も絶賛!「松山英樹のダウンスイングは世界一」
シンデレラストーリー完結!時松隆光が1億円ゲット
トム・ワトソンが考える“1億円マッチプレー大会”の意義
【バケモノたちの使用ギア】松山英樹の新パター、『TPコレクションMULLENプロト』はなぜ入る!?