アメリカ・バージニア州在住のKelly Frankenburgさんは、夫と一緒に市の動物保護センターに登録し、子犬を助ける活動を始めました。

Frankenburgさんは赤ちゃんとその家族を専門に撮影しているカメラマン。そんな彼女が今度は「犬の赤ちゃん」を撮ろうと考えついたのです。

さっそく生後2週間のチワワの子犬3匹とその母犬を預かり、離乳するまでの8週間自宅で飼育することになりました。

Facebook/11Sixteen/

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

まだ生後2週間目の子犬たち。

Frankenbergさんが撮影した画像を自身のブログやインスタグラム、フェイスブックに投稿すると「カワイイ!!」と反響が届きました。

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

3匹の名前はティト、ラブバグ、メッシー。ティトは明るい色の毛。Frankenburgさんの娘が名付けたというラブバグは暗い色の毛。メッシはライオネル・メッシー選手から名前をもらったそうです。

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

スヤスヤと眠る3匹の子犬、見守る母犬

それにしても気持ちよさそうに眠っているのは、部屋を暖かくしたためではないかとのこと。

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

「ヒーターをつけたらよく眠ったので、その間に撮影しました。撮影はとても楽しいものでした」

とFrankenburgさんは話しています。

Frankenburgさんは3匹の母犬を撮影スタジオに連れてきました。その時の様子をこのように語っています。

SIXTEEN PHOTOGRAPHY

「母犬はスタジオで私の後をついて歩き、約5分間ほど子犬たちの目を開けさせていました。私は母犬に匂いを嗅がせてその時の状態を確認させると、母犬は部屋を出てソファーで眠り始めました」

母犬はまだ少し警戒した様子も見せますが、徐々にFrankenburgさんを信頼し始めているようです。Frankenburgさんはブログにこう記しています。

「私は3匹の子犬たちに人に対する信頼と、庭を楽しく走り回ることを教えて過ごす生活をとても楽しく過ごしています」

Frankenburgさんは、3匹の最近の様子を撮影した動画も投稿しています。預かってから10日目にあたる日の動画で、元気に育っていることがわかります。

3匹の子犬たちはリッチモンドの動物飼育管理センターにて飼い主を募集しています。

良い飼い主さんに出会う日が来るまで、しばらくは成長記録をインスタグラムとフェイスブックページに投稿するそうです。