"御巣鷹"より"脱原発"を優先した朝日社説

写真拡大

新聞各紙の社説は「今日は何の日か」を意識している。8月11日は2回目の祝日「山の日」。翌12日は日航ジャンボ機墜落事故の命日。そして15日は「終戦の日」だった。「終戦の日」は各紙とも1本の大きな社説を書く。それに比べ、2回目の「山の日」に触れたのは全国紙5紙では産経新聞だけだった。さらに32年前の日航機墜落事故について書いた全国紙はひとつもなかった。
調べてみると、事故から30周年だった2年前は、朝日をのぞく4紙が社説のテーマにしている。一方、朝日は1本社説で「川内原発再稼働」について書いていた。ほかの紙面では事故を深く掘り下げていたが、社説でも「世界最悪の航空事故」を振り返るべきではないか。ジャーナリストの沙鴎一歩氏が問う。

■山の日の意義は「豊かな自然の再認識」

まず産経と東京の「山の日」の社説(ちなみに産経は「社説」ではなく、赤旗と同じ「主張」)を取り上げてみよう。

産経社説はこう書き出す。

「2回目の『山の日』を迎えた。国土の約7割を広い意味での山が占めるわが国では、どの場所にあっても山を身近に感じる機会が多い」

「山笑う、山滴る、山粧(よそ)う、山眠る。これら春夏秋冬の季語に表象されているように、日本の山の景観は季節ごとに多彩に変化し、自然は常に新鮮な驚きをもたらしてくれる」

産経社説はこう書いたうえで「『山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する』と定めた祝日法の趣旨は、山の豊かな自然を再認識することでもあろうか」と読者に山の日の意義を再確認させる。

■「驚異」は「脅威」にもなる

さらに産経社説は「山に登れば森林の匂いや珍しい動植物、頂上や尾根からの眺望など、自然が用意したさまざまな驚異に出合うことができる。一方で『驚異』は、往々にして『脅威』にもなることを断じて忘れるわけにはいかない。山の魅力は、登山者の安全が確保されてはじめて享受できるものに違いない」と書く。

「驚異」が「脅威」になるところなど少々、言葉遊びではあるが、山の魅力は安全の上に成り立っていること自体は、その通りである。

後半で産経社説はこうも書く。

「忍耐力の増強を図り、恐怖を克服するのも確かに修練の一つであり、必要以上に恐れるのは決して賢明とは言えないが、登山の何よりの喜びは無事に登頂し、無事に下山することにあるはずだ」

「知恵を働かせることによって見えない危険を想像し、臆病になることも登山者の心得であると、深く銘記したい」

それゆえ見出しも「臆病も勇気のうちである」と付けてある。

■主張に突っ込みがたりない東京新聞の社説

東京新聞も山の日を社説のテーマにしている。東京はブロック紙、中日新聞の関東版だ。

東京の社説のリードで「パンダの誕生ほどには注目されていまい」と書き出し、「ほぼ同じころ、人工繁殖で生まれたニホンライチョウの赤ちゃんたちだ。絶滅の危機にあるこの鳥を知るほどに、人と自然との関係を問いたくなる」と「山の日」というよりも国の特別天然記念物で、絶滅危惧種でもあるライチョウの話を書いている。見出しも「『山の日』に思う ライチョウ、命の記憶」とある。

まず「種の保存のため環境省などが保護事業をスタート。昨年、一昨年と、乗鞍岳で卵を採取し、育った成鳥を同パークと長野県の大町山岳博物館、東京の上野動物園で飼育、今春から交配を試みた。そのひなが無事に誕生したのだ」と説明し、「ニホンライチョウの命のありようは、自然へのかかわり方が、ずさんになってきた私たちへの問いかけなのかもしれぬ」と訴える。東京新聞らしいといってしまえばそれまでなのだが、もう少し突っ込んだ主張がほしい。

■32年前の世界最悪の航空事故

話を山の日から日航ジャンボ機墜落事故に変える。

実はこの沙鴎一歩は若いころ、運輸省(現・国土交通省)詰めの社会部記者として成田空港や羽田空港をカバーする航空担当記者だった。それだけに32年前の世界最悪の航空事故には思い入れがある。

ここであらためてあの事故は何だったのか、振り返ってみよう。

日航ジャンボ機は墜落の7年前の1978年6月、伊丹空港で尻もち事故を起こし、壊れた機体後部の圧力隔壁が修理された。製造元の米ボーイング社のチームが修理に当たった。しかしリベットの打ち方を誤り、隔壁の強度が不十分になっていた。

飛行を繰り返すうちに問題の後部圧力隔壁に金属疲労による亀裂が生じ、1985年8月12日、その亀裂が割け、そこから客室の空気が一気に噴き出して垂直尾翼やハイドロ(油圧駆動システム)などを次々と破壊し、操縦不能に陥った。機体は約30分間、ダッチロールを繰り返した後、群馬県上野村の「御巣鷹の尾根」に墜落した。

これが520人という世界最悪の犠牲者を出した事故の経緯である。

■ハイテク化でもヒューマンエラーはなくならない

そのころ世界の航空機メーカーが目指していたのが、ヒューマンエラーという人間の犯すミスをできる限り少なくして事故を未然に防ぐ試みだった。

米ボーイング社のハイテクジャンボ機「747-400(通称ダッシュ400)」や欧州エアバス社のA320など新型機は航空機関士の作業をすべてコンピューターに任せ、操縦は機長と副操縦士の2人体制に設計変更された。

しかしハイテク化が進んでもヒューマンエラーはなくならなかった。

たとえば1994年4月、名古屋空港で乗客乗員計250人以上が犠牲になった中華航空機(A300)の墜落事故は、操縦士の操縦とコンピューターによる自動操縦装置とが反発し合った結果による失速事故だった。

簡単にいえば、人間とコンピューターが噛み合わず、人間がハイテク機を使いこなせずに起きた事故だった。

■ボーイング社は事故原因を明らかにせよ

日航ジャンボ機の32年前の墜落事故も、ヒューマンエラーが原因である。破損した後部圧力隔壁の下半分を交換した際、どうしてマニュアル通りにリベットを打って補強しなかったのだろうか。ボーイング社は修理ミスを犯した事実は認めたものの、当時の日本の航空事故調査委員会や群馬県警の調査や捜査には一切、答えていない。もちろん直接修理を担当した作業員に対する事情聴取などは全く実現していない。

32年たったいまでもボーイング社の責任はなくならない。世界の空から事故なくすためにもボーイング社は謙虚に対応し、事故の原因を全て明らかにすべきである。

日航グループの9割を超える社員は、事故後に入社している。高齢化で御巣鷹の尾根への慰霊登山に参加する遺族も年々減ってきた。だがパイロットや管制官ら航空関係者は事故を風化させることなく、空の安全を守り続けてほしい。それとともに次世代に事故の教訓を伝えていくことも忘れてはならない。

■横山秀夫氏を押しつぶした事故の凄惨さ

8月11日付の朝日新聞朝刊(東京本社発行)は日航ジャンボ機墜落事故を扱った小説『クライマーズ・ハイ』の著者で、上毛新聞の記者だった横山秀夫氏のインタビュー記事を掲載していた。内容が深く、興味を引きつける記事だった。

インタビューの中で、横山氏はこんなことを暴露している。

「(事故のノンフィクションは)ほとんど書けなかった。一報を聞いて墜落現場に向かい、8時間かけて山を登って到着し……そこで筆がぴたりと止まって。現場を書こうとするたび嘔吐(おうと)して。あの事故を踏み台に世の中に出よう、生活費を得ようなんて考えた自分に押しつぶされたんでしょうね」

同じ時代に新聞記者という仕事に就いていた沙鴎一歩には、横山氏の気持ちはよく分かる。現場には行けなかったが、同僚記者から現場の様子をこんな風に聞いたことがある。

真夏の暑い日差しのなか、死臭と燃えたジェット燃料の臭いが鼻をつく。シートベルトで胴体が2つにちぎれた黒こげの遺体があちこちに転がり、上を見上げると、木々に人の手足がぶら下がっている。散乱した遺体を踏みつけないように現場の斜面を上り下りしながら取材を続けた――。

先輩記者から「現場を取材した他社の記者のひとりが、あまりの悲惨さに世の無常を強く感じ、記者の仕事を辞めて出家した」という話も聞いた。

■「原発再稼働反対」を選んだ朝日社説

2年前の2015年8月12日は日航ジャンボ機墜落事故から30年を迎え、新聞各紙は11日付から12日付にかけてこぞって社説として取り上げた。

しかし朝日だけは取り上げていない。8月12日付の朝日社説は「原発再稼働」をテーマに大きな1本社説を書いている。「九州電力の川内原発(鹿児島県)の再稼働」について、「こうした疑問や問題、さらには民意を置き去りにした見切り発車の再稼働は認められない。仙台の決め方をひな型として今後も再稼働を決めていくこと、なし崩しで原発依存に戻すことには反対である」と強く訴えている。

日航ジャンボ墜落事故を扱わず、原発再稼働に反対する主張を全面展開する。社説を通常の半本にして「川内」と「御巣鷹30年」という2つのテーマを扱うこともできたはず。

どちらにすべきか。社説のテーマを決める論説委員の会議でも賛否両論があったはずだ。

結果として、朝日は社説において、原発再稼働反対という姿勢を強くアピールすることを選んだ。そこが朝日らしく、また嫌らしくもある。独断と偏見になるが、これが沙鴎一歩の見方である。読者はどう受け止めるだろうか。

(ジャーナリスト 沙鴎 一歩)