バナナマン

 バナナマンがMCを務めるNHKの音楽番組『バナナ♪ゼロミュージック』が制作した楽曲「お米かくれんぼ」が、『みんなのうた』(NHK)の新曲として採用された。同曲は、バナナマンの日村勇紀が仏・パリの空港まで衣服にお米を付けたまま旅行したエピソードをもとに製作されたコメディーソング。

 一流ミュージシャや音楽家とともに「たのしさ」を体験する、バラエティー番組「バナナ♪ゼロミュージック」。16日には、初のゴールデン特番『極上!バナナ♪ゼロミュージック』が放送された。その中で「バナナ♪ゼロミュージック」が作った、「お米かくれんぼ」が『みんなのうた』新曲として採用されたことが発表された。

 5月6日に同番組で「みんなのうた特集」を企画。それをきっかけに、番組で子供達の心に響く“みんなのうた”を作ろうと試行錯誤する様子を、番組のミニコーナなどで放送していた。

 「お米かくれんぼ」は、衣服にくっついてしまう“お米”が主人公。そんなお米がついてしまった人間(バナナマン・日村)と、つきたくもないのについてしまったお米(バナナマン・設楽統)が会話するというコメディーソング。

 実際に仏・パリの空港までお米をつけて旅をしてしまったバナナマン日村のエピソードを元に製作。日本人にとって最も身近な食べ物“お米”。食べておいしい、ついてしまったらちょっぴりおかしい、そんなお米への愛情も込めた。

 この作品は、制作班に依頼して作ったコラボ楽曲。さまざまなジャンルのメロディーが登場する音楽性豊かな曲。

 楽曲のアニメーションを担当した澤田裕太郎氏は、『バナナ♪ゼロミュージックのアートデザイン』のほか、NHK Eテレ『ビットワールド』の人気コーナー「あはれ!名作くん」を担当するなど今話題のクリエイター集団「Pie in the sky(パイ・イン・ザ・スカイ)」に所属するクリエイター。

 なお、同曲は『みんなのうた』で10月〜11月にかけて放送される。